« 今夜は晴れ? | トップページ | LRGB合成 »

2005年6月14日 (火)

RGB三色合成

今回は、BJ32LでRGBそれぞれのフィルターを通して撮影された画像を元にRGBカラー合成を行っていきます。

m8-r ①Rフィルターを通して得られた画像です。基本処理を行っています。

 

 

m8-g ②Gフィルターを通して得られた画像です。

 

 

m8-b ③Bフィルターを通して得られた画像です。

それぞれの色により写り方違うことがわかると思います。

 

このRGB各画像を、基準星を2カ所選択して、ステライメージでRGB合成を行います。

m8-rgb-1 ④RGB合成後の画像です。

 

 

m8-rgb-2 ⑤合成後の画像の色彩を強調します。M8の場合は、私の好みで赤をやや強調し、緑、青を少し強調します。

  

m8-rgb-3 ⑥最後に、バックグラウンドをスムースにするフィルターを用いて、画像を滑らかに調整します。これで、RGB画像(カラー画像)が出来上がりました。

 

L画像に比べてS/N比が悪くざらついた画像になっています。もう少し露出をかけるべきだったと思います。しかし、LRGBカラー合成法により、この程度のカラー画像からでも比較的見られそう?な画像を作り出すことができますので、今回はこの画像を使っていきます。

光害などで背景がかぶっている場合は、背景色がニュートラルグレーになるようカラーバランスを調整します。

また、カブリの処理は、RGB各モノクロ画像の時に補正を行います。この際、バックのレベルが各色ばらつきがないよう慎重に調整することが重要です。この調整をいい加減に行うと、カラー画像である色が背景に特化したように見え、その色を抑えようとすると、全体のカラーバランスが崩れてしまいます。注意が必要な作業の一つです。

次は、カラー画像とL画像を使ったLRGBカラー合成を紹介します。

|

« 今夜は晴れ? | トップページ | LRGB合成 »

「天体写真」カテゴリの記事

「画像処理」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今夜は晴れ? | トップページ | LRGB合成 »