« 夕日(istDL) | トップページ | NBN-PVの成果(BJ32L) »

2005年10月20日 (木)

NBN-PVの効果(istDL)

NBN-PVフィルターの効果。M16&M17。istDLでiso=800(ノイズリダクションON)に設定して、フィルター無しで30秒で画面が真っ白になります(左)。フィルターを付けて5分露出の元画像(中)。全体的に青くなりますが、光害の中、星雲が写ってます。更に三色分解して、RGB毎に画像処理を施し、再度RGB合成したのが、最後の画像です。結構いけますね。星の色も問題ないようですし、光害にも強いようです。望遠鏡は、miniBORG45EDにborg50対物レンズを利用した焦点短縮法です。焦点距離は多分240mm程度でF5.3となります。この組み合わせは、AC2やAC3とは違い周辺まで星像が乱れません。収差が大幅に軽減されています。画像は、トリミングしていません(リサイズのみ)ので、周辺の様子が分かると思います。純正レデューサは必要ないかもしれません。純正よりも明るくなるし・・・ニシシ。

20051020-m120051020-m220051020-m3

|

« 夕日(istDL) | トップページ | NBN-PVの成果(BJ32L) »

「趣味」カテゴリの記事

「今日の出来事」カテゴリの記事

「画像処理」カテゴリの記事

「天体写真」カテゴリの記事

コメント

すごい効果ありますね。LPS-P2と比べて光害に関してはどう違うのですか?

投稿: ぐりぐり | 2005年10月20日 (木) 21時10分

LPS-P2よりも通す波長域が狭いですので、光害には強いと思います。分光チャートを以前UPしてますので参考にしてください。LPS-P2は、NBN-PVより紫~青、オレンジを透過させますので、色合いはLPS-P2の方が自然な感じになると思います。このフィルターは、ネビュラフィルターですので、星雲が出すOⅢ、HβやHαのみを透過するようになっています。眼視でも使えますね。

投稿: ベランダGPD | 2005年10月20日 (木) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕日(istDL) | トップページ | NBN-PVの成果(BJ32L) »