« 2006スタート! | トップページ | 今年もやっぱりM42!+M31(BJ32L) »

2006年1月 2日 (月)

冷却CCD撮り初め

20060102-n1999○NGC1999周辺の散光星雲

NGC1999周辺をR64フィルターで撮影しました。いきなり、マイナーな天体からスタートしてしまいました^^;。
この辺りは、淡いHαが広がっているところで、その中にNGC1999があります。(画像の中央やや下の丸い天体)
また、NGC1999のすぐ西には、ハービック・ハロー天体というのがあるそうです。秒速数100kmでガスが噴出しているとかで、とても活動の激しい天体のようです。
淡いガスを強調するように画像処理しましたので、荒れ気味な画像となりました。

画像には、不明なものも写ってました(矢印)。露出開始(20:43)の1枚目から11枚目まで写っているのですが、最初は淡く広がって南北に長い感じですが、9枚目辺りからはっきりとした長い線のようになり、急激に消えています。
何でしょうね?110分近く写っていることになりますが、北の恒星のゴーストでしょうか?移動は無いようですが・・・・・いったい何でしょう?この辺りは、静止衛星が多いところですが、静止衛星だと線になって写るはずですよね・・・年初めから奇妙なものを撮ってしまいました。

miniBORG45ED+miniBORG50 miniBORG60n+AGA-1 BJ32L(-15℃)
R64+R=10mX12 2時間 ステラ5、PSCS2、neatimage
 

20060102-m45○すばる(M45)

続いて、冬の定番すばるです。
L画像を120分撮影して、12/28のカラー画像でLRGB合成しました。もう少し淡いところまで写るかな~なんて期待しましたが、今一つの感じです。
モノクロ画像では、結構淡い部分まで撮影できているようですので、もう一度画像処理をし直す必要がありです。

この画像にも不明天体が写ってます(矢印の上の横に伸びたやつ)。LRGB合成するときの基準星を指定していたら、星の配置が違うことに気が付き、12/28のL画像もみましたが、この天体は写ってませんでした。2時間の間に少し移動しているようですので、多分小惑星ではないでしょうか。明るさは、結構暗い感じですね。ステラで光度計測ができるようですので、後ほど試してみます。

miniBORG45ED+miniBORG50 miniBORG60n+AGA-1 BJ32L(-15℃)
L=10mX12 2時間 ステラ5、PSCS2、neatimage 12/28RGB画像利用

20060103-m4520060103-m45bk○再処理の画像UP

再画像処理の結果です。元のL画像もUPしておきます。
全体に青みを抑えて仕上げてみました。
L画像の良さをそのまま表現するのは難しいですね。
画像処理も課題山積です^^;

例の移動天体は、約12等星ぐらいのようです。ステラ5の光度測定機能で測定しました。

|

« 2006スタート! | トップページ | 今年もやっぱりM42!+M31(BJ32L) »

趣味」カテゴリの記事

今日の出来事」カテゴリの記事

画像処理」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

前回のM45よりも明るいしメローペがはっきりしていて良い画像になりましたね。それにしても、色々不明なものが写るんですね。興味深いです。

投稿: guriguri | 2006年1月 3日 (火) 13時56分

すばるも簡単そうで難しい対象です。
撮影画像には、意外と未知の天体が写っていたりするかも?ですね。しかし、仮に写っていても、それが既知なのか未知なのかの判断もできません^^;
そう意味で、新天体を捜索されている方の地道な努力には、頭が下がります。

投稿: ベランダGPD | 2006年1月 3日 (火) 16時44分

今年初の月、CCD撮影共に年始からすばらしいですね。
今晩はしぶんぎ座流星群、晴れてくれればなぁ~!

投稿: 趣味の部屋 | 2006年1月 3日 (火) 18時16分

明けましておめでとうございます。
今年も御指導等宜しくお願いいたします。

メローぺ周辺のハケの様な感じが良く出ていてこの画像が良いですね。不明天体?確認できれば楽しいですね。

投稿: HIDE | 2006年1月 3日 (火) 22時56分

趣味の部屋さん
しぶんぎ流星群は、天気は大丈夫そうですがベランダからだと方向が逆です^^;
明日から仕事なので、無理はできません。ベランダから東の方向にカメラを固定して、放置プレーとなりそうです。

投稿: ベランダGPD | 2006年1月 3日 (火) 23時26分

HIDEさん
こちらこそ、よろしくお願いします。
解像度が余り上がらないのは、口径が小さいからだと痛感しております。微細な模様を浮かび上がらすには、それなりの口径が必須ですね。
やはり、SDUFⅡでしょうね~。

投稿: ベランダGPD | 2006年1月 3日 (火) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2006スタート! | トップページ | 今年もやっぱりM42!+M31(BJ32L) »