« NGC1499(BJ32L) | トップページ | コンパクトデジカメで星空 »

2006年1月25日 (水)

M31,M42(BJ32L)

20060124-m3120060124-m42今夜の成果。
風が強いです。さすがに、撤収しました。
M31は、なんちゃってHαで銀河に点在するHα領域を狙いました。少しは写っているようですが、解像度が足りませんね。以前の画像のR画像とL画像に本日の画像を加算して、LRGB合成です。一部トリミングしてあります。中心部が飛んでしまいました(涙)
M42も、なんちゃってHαでデジタル現像時にエッジを強くかけてあります。この処理により、星像もシャープになり、模様のディティールも良く表現されたようです。それと、何となくナローバンドの雰囲気が出てきた感じです。この処理方法は、何にでも使えるわけではないようで、十分S/N比が得られた画像には効果があるようです。

miniBORG45ED+miniBORG50 miniBORG60n+AGA-1 BJ32L -20℃
M31:NBN-PV+R 10分×8 過去画像によりLRGB合成
M42:NBN-PV+R 20分×6 モノクロです。

===M42カラー画像追加===
20060125-m42昨夜のM42画像と以前撮影のNBN-PV+Gで80分の画像を使ってカラー合成です。
RGB合成には、RGG合成し、RGの画像を加算平均した画像をL画像として、LRGG合成したものです。
RGだけの合成ですので、photoshopCSでブルー系の補正を若干かけてみました。
昨年11月の画像より、解像度が上がり、また、露出が長くなった分淡い広がりも少し表現できました。
M42に何度撮影しても、撮影の度感動する対象です。次は、中心部を表現することですね。以前に短時間露出画像がありますので、後日画像処理します。
※CRTで見ると結構広がりがありますが、液晶だと焼き過ぎに見えるかも知れません。

|

« NGC1499(BJ32L) | トップページ | コンパクトデジカメで星空 »

趣味」カテゴリの記事

今日の出来事」カテゴリの記事

画像処理」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

やはりモノクロの方が感度が良さそうですね。オリオンはハッブルの見え方ですね。

投稿: ぐりぐり | 2006年1月28日 (土) 12時10分

モノクロ冷却CCDは、ほんと感度いいですね。
M42なら1秒でも星雲が写ります。そういう意味で、対象の確認は非常に簡単にできます。肉眼で全く見えない状況でも、数秒露出すれば、ほとんどの対象が確認できますね。

投稿: ベランダGPD | 2006年1月29日 (日) 00時27分

そうですか、やはり感度が良いのですね。
冷却入門ならDSIProと思ったですが、あれは輸入するしかないですかね?

投稿: ぐりぐり | 2006年1月29日 (日) 12時13分

DSIProは、よく分かりませんが輸入になるのではないでしょうか。

投稿: ベランダGPD | 2006年1月29日 (日) 18時50分

ご無沙汰していました、

素晴らしいオリオンですね!広がり、色の感じも凄い。私の中でM42画像のリファレンスですが、1眼デジだとこの階調はでないかも、、と諦めぎみです。

投稿: HIDE | 2006年1月31日 (火) 23時42分

HIDEさん お久しぶりです。
画像数では、デジカメに負けますが、長時間露出でS/N比を上げています。また、16bitの階調の効果が出ているんだと思いますね。
光害地でもこの辺りまでは写せると思えば、冷却CCDは高価ですが、遠征の手間も省けて都会の楽しみ方の一つの選択肢だと思います。

投稿: ベランダGPD | 2006年2月 2日 (木) 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NGC1499(BJ32L) | トップページ | コンパクトデジカメで星空 »