« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月26日 (土)

地元の花火

20060826hanabi120060826hanabi220060826hanabi320060826hanabi420060826hanabi520060826hanabi6白岡町の花火大会。15分ぐらいで終了しました^^;
ベランダからよく見えます。
一番近い花火大会です。
istDL+SMC200mmF4 F8 2秒 iso=200 AWB JPG

| | コメント (2)

2006年8月24日 (木)

9月~11月の長期予報

気象庁から発表がありました。
晴れの日が多く!(^^)! 厳しい残暑(T_T)
ん~晴れの日が多いことに期待しましょう!CCD的には、涼しくなって欲しいのですが、これまでの天気を考えれば、残暑なんかで文句言ってはいけません。
暑さ寒さより、まず晴れが欲しいです。予報が当たること期待します(願)。

| | コメント (0)

2006年8月22日 (火)

太陽系惑星の定義の行方

IAU総会で、先日案が示された太陽系惑星の定義ですが、その後異論・反論大噴出のようです。
先日の天文学のお勉強の際にも、縣先生は、「案の通りにはならないのでは・・・」と仰っていましたが、どうもそのような雲行きです。
現在、修正案が検討されているようでその内容が明らかになったようです。
惑星定義の原則:恒星の周りを回り、自らの重力で球状となる恒星でも衛星でもない天体
とした上で、以下の3分割案が出ているようです。
①「古典的惑星」と「矮惑星」を区別
古典惑星は、水金地火木土天海の8つ。矮惑星は、セレスや小惑星、冥王星やEKBO天体。
②冥王星とその周辺にある矮惑星は「冥王星族(プルートン)」の名称を変える
③カロンを冥王星との二重惑星として認める(カロンは衛星か惑星か)

全てが承認されると当初のとおり12個の惑星となりますが、③のみ否決されると11個(セレスと2003UB313が追加)となります。①と②は、可決の可能性が高いようです。

一つ気になるのが、当初案にあった惑星にならない小惑星と彗星を含め、「太陽系小天体」という部分はどうなるのでしょうか?彗星という分類が無くなるのは・・・寂しいですね。命名の仕方も違いますし、是非、彗星は残して欲しいと願います。

最終的には、24日の総会で投票により決められるとの事です。
2日後には、新たな定義が確立しているはずです。楽しみですね。

| | コメント (0)

2006年8月20日 (日)

天文学のお勉強

この週末は、天文学を勉強してきました!
国立天文台天文情報センター普及室長の縣先生が講師で、「マカリ」という画像解析ソフトを使った実習も含まれています。
冷却CCDで撮影されたfitsファイルを用いて、各種解析方法について丁寧にご説明がありました。冷却CCDといっても、国立天文台の50cm反射望遠鏡で撮影された画像や、なんと「すばる望遠鏡」の主焦点SuprimeCamで得られた8,000万画素の画像まで登場し、それらを使って色々実践しました。たった60秒で、渦巻き銀河がくっきり!の圧巻な画像でした。
画像と処理ソフトは、持ち帰らせて頂きましたが、画像の方は、個人利用限定ということなのでご紹介はできません。同様の画像は、国立天文台のアーカイブで利用できるようですので、是非利用してみてください。(利用者が少ないと・・・縣先生が嘆いておられました)
この「マカリ」というソフトは、教育用で利用するのであれば無料です。国立天文台にユーザー登録するだけで使用できます。作りは、ステライメージとほぼ同じ感覚で利用できます。共同開発に、アストロアーツが参加しているとのことでした。
講義終了後、縣先生と少しお話をさせていただきました。非常に有意義な週末でした。
趣味の世界も、このような機会があればひと味違う洗練された趣味になりそうです。たまには、まじめに勉強も必要ですね。
縣先生、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2006年8月18日 (金)

再々処理してみましたが・・・

20060818m17先日のM17は、バックが締まり過ぎているのではないかとのご意見を頂きましたので、再々処理してみました。
どうしても背景がフラットになりません。FLAT画像に問題があるようです。まだまだ、完成画像にはほど遠い状況です。
また、CRTの画面設定も液晶と同じような色合い・コントラストに調整しましたが、完全には一致しません。CRTの方が階調豊かなので、背景の明るさやムラがよーく分かります。
G(緑)を意識して処理しましたが、人間が一番感じるこの色は、少しの違いでまったく別の画像になってしまいます。超超難しい調整ですね。
背景にムラは残りますが、ニュートラルグレーになるように、背景色も調整しました。
 
20060818m16220060818m172更に、試行錯誤の画像処理。
「都会からの星空観望記」http://www.jttk.zaq.ne.jp/ryutao/のryutaoさんのすばらしい画像をお手本に、あれこれ画像をいじってみました。
ryutaoさんの滑らかで色表現のすばらしい画像は、いつもため息の出る作品です。
とても足下に及びませんが、明るさ・コントラストが今まで引き締め過ぎていたことに気づきました。また、色表現もRGBを強調しすぎているようで、ステラで処理している段階から控えめな色表現するよう注意が必要な感じです。
今回は、前回仕上げた画像を、PSCS2のみで調整してみました。今までとは、まったく違った画像に仕上がりました。他の方の作品を良く見て研究する事も大変重要だと思いました。

| | コメント (2)

2006年8月17日 (木)

太陽系惑星が12個?

国際天文学連合で、惑星の定義案が示されました。
半径が800km以上で、球状の形を保っているもの・・・その他・・・。
新たに仲間に加わる可能性があるのは、小惑星帯の4大小惑星の一つ「セレス」です。Dwarf Planet「矮惑星?」という分類になるそうです。
そして、カイパーベルト天体からは、冥王星の衛星だった「カロン」。元々、カロンは冥王星とは同期回転している天体ですので、衛星なのか?という議論があったようです。衛星の定義は、惑星を衛星の軌道の重心とするもの(月やガリレオ衛星など)との定義のようですので、今回、衛星から惑星に昇格するというものです。
更に、2003年に発見された「第10番惑星」天体も含む予定です。そして、冥王星、カロン、10番惑星をPlutons「冥王星族の惑星?」と呼ぶようです。
天王星までの円軌道を持つ従来の惑星は、Classical Planets「古典惑星?」というカテゴリになるようです。
水、金、地、火、セ、木、土、天、海、冥、カ、2003・・・ んー呼びにくいですね。
ちなみに、カタカナの新惑星の和名は、与えら無い可能性が高いようです。また、あくまでも天文学的な整理であるため、学校の教科書の変更を強制するものでもないようです。
天文学の進歩によって、ここ半世紀で次々と新たな知見が出ていますね。でも、まだまだ謎だらけの宇宙です。宇宙の広さを感じてしまいます。

| | コメント (0)

2006年8月16日 (水)

再画像処理M17

20060816m17M17を再処理。
フラットを作成し直し、淡い部分を浮かび上がらせてみました。
全体に強調しすぎないようにしていますが、総露出が短いので限界付近まで来ています。
Gも少し持ち上げて見ましたが、CRTではカブリが現れてきます。液晶だと、どのよに見えるか不安です。
安物の液晶では、階調も乏しく硬調な画像に表現されました。
画像処理は、CRTベースで調整してあります。

| | コメント (5)

2006年8月15日 (火)

再画像処理M16

20060815m16昨日の画像は、今ひとつ納得いかない画像でしたので、再度処理を行いました。
FLATには、PCの液晶画面を利用したものを作成し、FLAT補正に適用しました。これにより、昨日よりは随分補正ができたように思います。
星雲の淡い広がりも、以前よりは表現できたようです。
Total46分での画像ですが、一応及第点というレベルにはなりました。自己評価ですが^^;
昨日の画像と比べてやって下さい。

| | コメント (6)

2006年8月14日 (月)

透明度が良いぞ!撮影だ~

20060814iteいやー久しぶりの良い空ですね。速攻で帰宅して、撮影しました。
istDLで固定撮影。右側にうっすらと天の川が写っています!
ベランダから天の川が写ったなんて、冷却CCD以来の快挙ですね。
LPS-P2を入れてありますので、色が変なのはお許し下さい。
istDL+SMC55mmF1.8 LPS-P2 iso=200 太陽光 30秒 NR ステラ5、PSCS2 トリミング&リサイズ

引き続き冷却CCDで撮影中です!順次、この記事に追加していきますね!乞うご期待・・・なんて、撮り方忘れています(汗)
 
20060814m1320060814m1620060814m17ということで・・・
日付が変わる頃、雲が全面に広がり終了となりました。
久しぶりの撮影&画像処理で、納得いかない状況です(涙)
今回は、短時間で沢山写そう!のノリで3対象を雲が出るまでに撮影。
ん~一番良いのは、M13かな~。散光星雲は、今ひとつですね。やはり光害の影響をもろに受けています。
101ED+miniBORG45ED+DGL(F4バージョン) BJ32L +5℃までしか冷えないぞーM13:RGB=1mX2(ビニング無し) RGB合成
M16&M17:L=5mX6(ビニング無し) RGB=3mX2(2X2ビニング) 50%LRGB合成

| | コメント (8)

2006年8月13日 (日)

さいたま市花火大会

20060813hanabi120060813hanabi2さいたま市の花火大会を、ベランダからminiBORGで見ています。
miniBORG50+UW9mmで視野一杯にきれいな花火が輝きます。上下左右が逆なのはご愛敬。
音が相当遅れるので、臨場感は今ひとつですが、きれいな色は堪能できます。
miniBORG50+LV25+istDL 3秒 iso=200 太陽光 PSCS2 トリミング&リサイズ
20060813hanabi320060813hanabi4レンズを変えて、フィナーレです。
miniBORG60n+istDL iso=200 3秒 太陽光
こちらの方が、写しやすいですね。直接焦点で325mm(35mm換算480mm)の望遠レンズ。市販のカメラレンズよりもいいかも!

| | コメント (6)

流れ星観望

20060813sora昨夜は、ペルセウス流星群をistDL+28mmで連写しつつ、観望していました。生憎雲が多い空でしたが、1時間ほどで-1等級レベルを3つ見ることができました。
肝心の写真は、15秒露出+NRで150枚ほど撮影しましたが、狙った方向には出現してくれませんでした。残念。
写真は、雲越しの日差しです。少し画像処理して、コントラストを強調してみました。下方に広がる差込と太陽を覆う雲を表現しました。
istDL+28mm 太陽光 iso=200 1/250 JPG PSCS2

| | コメント (0)

2006年8月12日 (土)

今宵の月

20060812moon昼の雷&集中豪雨はすごかった。丁度、真っ只中を車で走行していました。前が全然見えないくらい、激しい雨でしたね。
夕方から晴れの方向に向かっていたのですが、なかなか雲がとれません。23時過ぎにやっと雲がとれたので、撮影できました。
今回は、沢山コンポジットしてみました。気流が良くないので、今ひとつスッキリ度が足りない感じですが、まずまずの画像となりました。
120SL+LV25+A70 iso=50 1/80 太陽光 ズーム中
85枚をregistaxでコンポジット PSCS2 トリミング・リサイズ

| | コメント (2)

2006年8月10日 (木)

本日の月

20060810moon本日の月です。昨日のような良い空ではありません。シーングも悪いようです。薄雲越しですが、久しぶりの月です。
見た目の色を重視して処理しました。画像のように、今日の月は黄色い月でした。
120SL+LV25 A70 iso=50 1/80 太陽光 10枚をregistaxでコンポジット PSCS2 neatimage リサイズ

| | コメント (2)

2006年8月 9日 (水)

大火球出現!

たった今、23時27~28分(JST)頃、かんむり座のアルフェッカの北側を大火球が飛びました。
雲間に見える満月をベランダから眺めていたのですが、一瞬雲がパッと明るくなり、まるで雷が光ったような感じで、振り返ると天頂から地平線に向けて10度以上の大火球の最後の姿を見ることができました。
先端(地平線側)は、オレンジに輝き、いくつかのふくらみがあるように見えました。痕は、観察できませんでしたが、明るさ的に-6等級以上(大げさかな)あったように思います。
そういえば、今はペルセウス群の時期ですね。出現位置は、若干東の方向からだとおもいますので、単独のものの可能性がありますね。

| | コメント (0)

日没&降雨の模様

20060809nitibotu20060809yakei台風が通過して、独特の雲でした。所々青空が見え隠れしながら、日没を迎えました。雲の隙間から差し込む光と、黒っぽい雲のコントラストが幻想的な光景です。
夜になり、雲は全面に広がっていますが、地上の透明度は結構良い感じです。遠くに雨が降っている様子が、光害に照らされて、まるでカーテンのように見えます。写真でうまく表現するのが難しいですが、雲と地上を繋いでいる煙のようなものが降雨の場所です。
istDL 太陽光 iso=200 28mmレンズ pscs2

| | コメント (4)

2006年8月 8日 (火)

夕焼け

20060808yuuyake20060808yuuyake2帰ってきました。台風7号の近くの上空をかすめてのフライトでした。あまり揺れなくて良かったです。

曇っていたのですが、夕方は気持ち悪いくらいの夕焼けです。なんとも幻想的な夕焼け模様に、ついシャッターを切っていました。

28mm istDL iso=200 太陽光

ps.高知での撮影は、夜の雲&月でだめでした。残念。月の無い時期にリベンジですね。それにしても、都会とは違った夜空でした。

| | コメント (4)

2006年8月 7日 (月)

高知の空

20060806kochi_1高知の空です。生憎雲が多く撮影ができませんでしたが,雲間を狙って実家前で撮影しました。街灯が多く暗い状況ではありませんが,埼玉よりはたくさん星が見えます。月をさけて,上るカシオペアを撮影しました。

SMC28mmF3.5 istDL RAW iso=200 3分

ダーク減算,簡易フラット処理他

| | コメント (2)

2006年8月 5日 (土)

出発です

20060805haneda120060805haneda2 これから,田舎(高知)へ出発です。

天気が良いようですが,月が心配ですね。久しぶりに天の川が見られると思います。

楽しみです。

| | コメント (4)

スッキリしない月

20060804moon120060804moon2晴れなんですが・・・空は最低の状況ですね。ついには薄雲到来で、撮影気力がなくなりました。
明日から田舎に帰省です。自作星野撮影儀を持っていきますが、生憎の月。はたしてどうなるか・・・。
120SL+A70
全景:LV20 AWB 1/20 1shot
拡大:UW9 AWB 1/4 1shot
PSCS2&Neatimage

| | コメント (2)

2006年8月 3日 (木)

捕らえたぞバーナード彗星!

20060803177p晴れてとはいえ、1等星がやっとの状況ですが、177Pバーナード彗星を捕捉しました。
明るいのかどうか・・・結構淡く広がっている感じです。
ノータッチガイドでの撮影なので、2X2ビニングしてあります。
BORG101ED+miniBORG45ED+DGL(F4バーション)
BJ32L Lフィルター 1分×8枚 加算平均 2X2ビニング

現在、ビニング無しで撮影していますので、出来上がればUPします。
===ビニング無し画像===
20060803177p2ビニング無しで5分露出を4枚。
彗星に合わせてコンポジットしました。
位置合わせがうまくないのは、ご愛敬。
結構移動の早い彗星ですね。5分は、長すぎました。
中央集光はあるものの、ちょっと弱い感じですね。でも、120年ぶりの回帰ですから、そんなことは言ってられません。
世紀を越えた光を、現代のハイテクで捕らえたことは、感慨深いものがあります。

| | コメント (4)

2006年8月 1日 (火)

花火

20060801hanabi120060801hanabi2ベランダから遠くの花火を撮影しました。
istDLに200mm望遠レンズ。絞りはF11。
シャッタースピードは、3秒~4秒です。
iso=200 AWB JPEG NRオン
中央部分をトリミング PSCS2

| | コメント (2)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »