« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月28日 (土)

星の写真展

20070728kasi120070728kasi2今日は、千葉県柏市で開催されている星の写真展に行って来ました。
http://www.hal-9000.org/events/index.html
詳しくは、上記URLをご覧下さい。
入り口から入ってすぐにある小沼さんの迫力画像に目が点になります。すばらしい写りだけに、大きく引き延ばすと迫力満点です。
夕方5時からは、BORGの中川さんによる「デジ亀天体写真講座」がありました。子供連れのお客さんが結構入っていました。会場には、カリスマさん?、○ツ星のおやじさん・・・がいました(笑)
中川さんの講演が終わった後は、柏プラネタリウムの担当の方の、とても楽しいお話を聞いて、夜の観望会に突入です。奇跡的に雲が取れて、月や木星、夏の1等星などを観望&即席デジカメ撮影大会となりました。
機材は、シュミカセ、R200SS、MT200?、TSA102、双眼鏡・・・などなど。おっと忘れてはいけません。BORGは、miniBORG50&ペンシルボーグとBORG76EDで月をメインに活躍していました。
写真は、その時の様子です。真ん中左よりの大きな背中(笑)は、中川さん。体に隠れて、miniBORG50が見えません(大爆)。コンパクトなんです→miniBORG!
この写真展は、バリバリのフォトコンレベルの写真ではなく、一般の方にも受け入れられるような敷居の低い写真展を目指しているようで、気軽に天体写真を撮って見ようと思わせる作品が数多くあります(中には、フォトコン以上のレベルの写真も多数ありますよ!)
高価な機材を使わなくても、手持ちのカメラとちょっとした機材で、天体写真が撮れるという事を皆さんに理解してもらおうというすばらしい企画です。
8月5日まで開催されておりますので、是非足を運ばれてみては如何でしょうか。
2007072860edmoonこちらは、帰宅後miniBORG60ED+1.4テレコンで撮影した月齢14の月です。
柏の観望会でコンデジ撮影したのですが、ピントが甘かったので、istDLで撮影し直してみました。
iso=200 1/45 11枚をコンポジット PhotoshopCS2で画像処理。
中央部分をトリミングしてあります。
miniBORGとコンデジorデジイチの組み合わせは、お気軽&お手軽な最高の組み合わせだと思います。そして、何より安価なのにすばらしい性能。
これから天体観測や天体写真を始めたいと思っている方に、是非miniBORGをお勧めします。この望遠鏡は、私たちが小学生や中学生(40年ほど前?)の頃には、考えられないぐらい高性能な望遠鏡です。入門機でありながら一生物の望遠鏡ですので、「一家に一台miniBORG」という感じですね!
ちなみにBORGの望遠鏡は、星だけではなく、デジイチの望遠レンズとして、また、コンデジと組み合わせて、デジスコ(デジボーグともいう)で野鳥撮影にも使えるオールマイティーな望遠鏡です。

| | コメント (2)

2007年7月25日 (水)

光害地での固定撮影

20070724kotei100昨夜は、昼間の抜けるような青空からは一転して、スッキリしない空でした。
帰宅が遅くなったので、望遠鏡は出さずS5Proによる広角固定撮影のテストを行いました。
天ガのフォトコンにも2作品掲載されていましたが、短時間露出した画像を比較明でコンポジットする方法です。結果は、ご覧の通り。
光害地で使える撮影方法ですね~。天の川までは写すのは無理だと思いますが、恒星の日周運動は、しっかり記録できます。
今回は、24mmF5.6でiso100にして、8秒露出を連続100枚撮影して、PSCS2でコンポジットしてみました。千枚以上のコンポジットは、とても大変な作業になりますので、100枚と控えめです^^;JPEGで撮影していますので画質は今ひとつですが、光害地でも楽しめるスタイルであることは分かりました。
次回は、天気が良いときに10mmぐらいの超広角で狙ってみたいと思います。肝は、露出時間ですね。24mmだとインターバルが長すぎてきれいな線にはならないようです。この辺りは、色々試す必要がありますね。

| | コメント (8)

2007年7月22日 (日)

新しい携帯電話

20070722ktai携帯電話の機種変更を行いました。
6~7年で4台変更しています。SO503IS、F505iでムーバとおさらば。P901isでFOMAに切替で、音楽携帯にもなりました。
今度は、SO903iで一昔前の機種になります。FOMAからFOMAへの機種変更は、結構良いお値段になりますので、最新型には変更できませんでした^^;
この携帯は、音楽携帯に特化した製品です。内蔵メモリが1GB!というのもsonyらしいと思います。外部メモリーも2種類使える優れもの。
カメラは、320万画素で手ブレ補正&オートフォーカスです。今時の携帯は、携帯なのかそれとも・・・携帯付きカメラなのか・・・携帯付きカメラ付きミュージックプレイヤーなのか・・・本来の携帯電話以上の機能がメインになっているように思うのは私だけでしょうか。
しかし、こんなにコンパクトで何でも付いている(ワンセグはありません)といのも凄い事です。日本の技術は、世界No.1のレベルですね。
使いこなすことが難しいので、娘と同じ機種にして、色々教えてもらう予定です。だんだん年を感じる今日この頃です(涙)

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

懲りずに画像処理

20070719m175/20撮影のM17付近。
またまた画像処理。背景を引き締めつつ、淡い散光星雲を浮かび上がらせることを目標にしました。
今まで、色彩も赤に少し偏っていた感じでしたので、その辺りも補正してみました。
現状の私がもつ画像処理の引き出しとセンスでは、これぐらいが限界のようです。
しかし、以前よりは少しは、画像処理の経験も増えたので、処理にかかる時間が大幅に減りました。
この作品は、これで画像処理終了ということで、完成画像となりました。

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

再処理画像:M8(AOO合成)

20070717m8aoo5月11日にナローバンドで撮影していたM8を再処理しました。
BORG77ED+7704+SXVF-H9で、Hα=20分、OⅢ=15分の画像をAOO合成、合計50分の総露出になります。画像は、M8周辺を等倍トリミングして、web用に若干リサイズしてあります。
短時間露出+ナローバンドでも写りが良いのは、F4.3の明るさでしょう!速写性抜群です。
画像処理は、一つ前の記事のように、SI5で基本処理後、PSCS2でレイヤーによる調整を行っています。中心部から周辺にかけてのガスが表現できたと思っています。
AOO合成でもM8は、違和感なく仕上がります。ナローバンドでの楽しみ方の一つだと思います。
20070718m8aoo Gに割り当てるOⅢの画像を、画像演算で0.9倍してRGB合成してみました。
こちらの方が、緑が強くなく本来のRGBに近い色になったのではないでしょか。

| | コメント (4)

2007年7月17日 (火)

PSCS2による画像処理

20070717syori梅雨明けもカウントダウンの状況でしょうか。この時期、画像処理のお勉強にはとても良い時期です。私の処理の内容を少し紹介いたします。(ちなみに、間違っている部分や無駄な部分が多数あります^^;)
先ずは、基本処理をSI5で行い、光害かぶりの大まかな除去(シェーディング補正)まで行います。その後は、PhotoshopCS2にバトンタッチ。
画像は、左がSI5で処理を終えた物。右が、各種レイヤーで微調整したものです。
フラット補正がうまく効いていないので、舌のようなマスクも登場しています。この部分は、うまく補正出来ませんでした(涙)
光害カブリによる背景のムラは、グラデーションツールによるマスクで処理し、全体のトーンは、輝星マスクで処理していますが、ほぼ全域で調整を行う場合には、マスクなしのレイヤーも使っています。
下から2番目の色相・彩度レイヤーは、色の傾きを強調するために挿入したレイヤーで、実際にはこのレイヤーは使いません。
それぞれのレイヤーのパラメータを、あれこれとこねくり回した結果が、右の画像です。下に大きな画像をUPしてあります。
M20の青い星雲の広がり、星雲間に漂う反射星雲、背景の統一・・・などなどを目指しているのですが、結果はこの程度(涙)
画像処理は、作り手のセンスに依存する部分が多く、私のような凡人では、「おおー」とため息の出る画像には仕上がりません。
ここは、経験を積んで少しでもベテランの皆様に近づくしかありませんね。
20070717m8m20

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

125EDF2.8+Hα

20070715m1620070715m1720070715n7293==写真差し替えました(7/16)==
台風一過の埼玉で、粘って1時過ぎから撮影ができました。
雲が残り時折通過する状況でしたので、懸案のBORG125EDF2.8の光軸確認及びHαでのゴーストのチェックです。
EQ6に単体で搭載し、1分露出のノータッチガイドを8枚加算。2X2ビニングです。カメラは、SXVF-H9。
結果は、光軸は、うちわのような星にはなりませんでしたが、まだ追い込めそうです^^;ゴーストは、短時間露出なのでなんとも言えませんが、以前の状況より良いと感じました。R64フィルターの間にHαフィルターをサンドイッチした減光法で効果があったのかもしれません。
しかし、一番の違いは、カメラです。以前もSXVFの画像はゴーストが少ない印象でしたので、カメラによりゴーストが出にくくなっていることも十分考えられます。そうであれば、フィルターを複数枚重ねる必要も無くなる可能性も出てきました。BJ32Lは、カメラレンズHα専用か惑星&月に使っていきますか・・・。
まだまだ調整は必要ですが、F2.8の明るさは、ご覧の写真のように8分でも十分写ってくれます。今回は、ピントも外していますので、しっかり合わせ十分な露出を行うと・・・とんでもない画像が得られるのではないかと期待しています。

| | コメント (10)

2007年7月15日 (日)

台風一過・・・

20070715sora・・・晴れているのは南方面・・・埼玉はベタ曇り。
東京、神奈川では、とてもきれいな星空が見えていることでしょう!
もう少し粘ってみますが、どうなる事やら。。。
透明度が非常に良いので、地平線ギリギリまでクッキリ見えます。
東京の夜景もきれいに輝いています~。

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

M8M20望遠レンズ編(再処理)

台風が近づいています。ベランダの赤道儀は、転倒防止の対策を行いました。部屋の中に避難させたほうが安心なんですが、極軸合わせが大変なので、今回はベランダで耐えていただきます。
20070428m8m20_120070714m8m2050mこの時期は、相変わらず過去の画像を再処理しています。ここ数ヶ月で、色々な処理方法をBlog等で得られましたので、それらを駆使?して、過去画像の再生を試みています。しかし、どのように表現するか?のゴールが見えなくなり、一からやり直ししたりで、大変です^^;
200mmF2.8レンズ+ST2000XCMの組み合わせで、GWに撮影したものです。左が撮影直後の処理(5m×6)。右が、本日の処理(5m×10)。
フラット補正後、光害カブリは、シェーディング補正&グラデーションマスク(2種類)により補正。その後、マスクによる各種調整。最近は、特定色域指定のカラー補正に少しはまっています。PSCS2でレイヤーが8枚程度と少ないですが、ある程度は補正が可能な感じです。
今回は、背景にこだわりすぎて、肝心の星雲の表現が今ひとつになってしまいました。両方をうまく表現するのは難しいですね~。まだまだ修行が足りません。
この連休は、時間があれば再処理を行ってみたいと思っています。

| | コメント (2)

2007年7月 8日 (日)

画像処理をもう一度

20070708m8m20old20070708m8m205月19日の透明度の良い日に撮影したものです。
BORG77ED+7704+ST2000XCM+LPS-P2で10分×14枚。
左が、当初画像処理したもので、背景に色ムラが多く残り、下の方は光害の影響が出ています。
Blogで色々な画像処理を公開いただいているので、それらを駆使?しながらもう一度処理したのが、左側の画像になります。
今回の処理のメインは、シェーディング処理ですね。これにより、背景のムラが結構とれて、フラットな画像になったように思います。ここまでは、SI5で処理しました。
また、PhotoshopCS2に移り、よっちゃんさんのマスク処理を使って、細部を調整しました。彩度調整でブルーの部分を少し強調した関係もあり、M20の青い星雲が随分と浮かび上がってくれました。赤い星雲の周りを淡く取り囲んでいる状況が分かります。この部分が、ここまで表現できたのには、正直驚きで、非常に満足しています。
光害地でここまで写るのは、年に数回しか無いと思います。その時の画像を、今持っている色々な手法をやさしく施してあげると、こういう作品が出きるんですね~。
相当自己満足な記事になりましたが、皆さんが見るとまだまだ足りない部分が沢山あると思いますので、ご指導をよろしくお願いします。

| | コメント (8)

2007年7月 7日 (土)

7月7日の木星

20070707moku2048七夕の夜の木星です。20:48頃の様子。
夕方から少し雲がとれた感じで、望遠鏡をセットして外気温になじませていましたら、薄雲がまた広がってきた感じです。
慌てて取った1枚。この後30分ほど粘りましたが、どんどん雲が多くなる状況なので、終了しました。
大赤斑が昇ってくるところで、空の状態が良ければ、沈むまで撮影する予定でした。
VC200LDG+2.5xPowermate+ToUcam 1/25 30fps 1200フレーム

今月の天ガでコーチさんが最優秀でした!おめでとうございます。また入選された方もBlogなどて良く拝見させていただいている方たちです。皆さん、本当にすばらしい作品ですね。
私はといえば、フォトコンにはほど遠い感じで、まだまだPCの画面から出ていけませんね~。目指せフォトコンもいいんですが、マイペースで光害と戦いながら撮影していきます。

| | コメント (4)

2007年7月 5日 (木)

7月2日の木星

Moku07027月2日の深夜の木星。
梅雨のわずかな晴れ間でした。1時間を5分ごとに撮影。
シーイングが悪いので解像度が上がりません。
画像処理もほどほどに、今回は滑らかな動きを目指しました。
4時間ぐらい連続撮影してみたいですね~。
VC200LDG+2.5Powermate+ToUcam 1/33 30fps 約1500フレーム×12枚

スモールバージョン
Moku0702_1

| | コメント (2)

2007年7月 1日 (日)

カモフラージュ?&スロー

20070701hana忙しい&天気が悪い・・・でネタがありません^^;
こういう時は、近所の花に頼ります。いつもの遊歩道を歩いて、ネタを探しました。
えらく派手な花に、緑のカエルがくっついています。カモフラージュにしては、色が違い過ぎます(笑)きっと、休憩中だったんでしょう!
全景:istDL+28mm アップ:S5Pro+24-120zoom
20070701slowスローシャッターでの水の流れ。
水田に水を引き込む小さな用水路。手持ちで1/4秒。
istDL+28mmなので、この程度シャッターなら何とかブレずに写ります。
スローシャッターって面白い表現が出来ますね!

さて、これからのネタをどうしましょう?機材紹介で繋いで行くしかありませんね~。でも、しばらく忙しい日々になりそうなので、更新も出来ないかもしれません(涙)

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »