« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

さくら・・・ 40D編

EOS40D 17-85zoom 135mm 白岡町高台橋周辺
2008033040d12008033040d22008033040d32008033040d42008033040d52008033040d62008033040d72008033040d8

| | コメント (19)

さくら・・・ S5Pro編

S5Pro 24-120zoom 10-20zoom 白岡町高台橋周辺
20080330s5120080330s5220080330s5320080330s5420080330s5520080330s56

| | コメント (0)

2008年3月29日 (土)

さくらと沈む冬の星々

20080329sakura1桜が満開cherryblossom
空はcloudが多くスッキリしません。
SIGMA8mm+40Dで比較明コンポ。
んー雲が多すぎる(涙)

| | コメント (2)

2008年3月26日 (水)

ご迷惑を・・・

ココログが、またしても長時間メンテナンスを実施してくれました(怒)
「3/25 15:00~3/26 11:00までの21時間」   
システムが安定していないのか、時折長時間アクセス不能になってしまいます。
もう大丈夫のようです。

ご迷惑をおかけしました。(Niftyの代弁です)

決して私が悪いわけではありません。(何とかしてよ~Niftyさん)
これからも引き続きよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2008年3月23日 (日)

さくら咲く

20080323sakura昨日、東京で桜が開花しました。
今日は、暖かくで春の陽気。近所の名所を巡って見ました。

埼玉も1日遅れで開花していましたcherryblossom
全体的には、大きくふくらんだ蕾の段階ですが、いち早く花を開いた蕾も少し混ざっています。

そして、いつも撮影に行く、超ご近所の桜名所は・・・・
下の画像ですが、菜の花満開というところで、来週あたりはカラフルな土手になっていると思います。
ここは、黄色、赤、ピンク、紫、白と、とてもカラフルな春を見ることが出きる所です。
カメラを持った方も沢山来る場所です。

画像は、全て40Dcamera

| | コメント (2)

2008年3月17日 (月)

ダメと思っていたHαの画像

3月1日にBORG77ED+7704+SXVF-H9で撮影していたHα画像。
当日は、空の状態も悪く写りも最悪。でも、一応悪あがきしてみた。
20080317ic434 20080317ic2162 IC443。クラゲ星雲。
IC2162。だんご三兄弟。
ともに、10分6枚の画像です。
Hαは、13nm。
透明度がよければもっと写ったと思うのですが、春霞でも存在はしっかり分かります。

画像処理てんこ盛りバージョン(笑)

これらの対象も來シーズンへ持ち越しとなりそうですね~。

| | コメント (2)

2008年3月15日 (土)

LPS-P2装着画像

20080315orionmLPS-P2を装着した時の画像を、今夜一瞬の晴れ間に撮影できました。
LPS-P2は、FSQ本体の最終補正レンズ部分にある72mmのフィルターネジに、77mmのP2をステップアップリングで装着しました。
輝星の周りに出きるハロは、Astronomikフィルターだとどうしても出てしまいます。
それ以外のハロは、この画像を見る限り出ていないようです。安心しました。
ただ、元画像では、若干同心円上のムラが出ているようで、Flat画像も同時に撮影して、補正してあります。Flatは必須のようです。
Flatは、skyフラットではなく、トレペを付けて夜空(曇り空)を撮影したのもです。

20080315fmax今回は、ROBOを取り付けて、オートフォーカスでピントを合わせませした!FocusmaxのVカーブがとてもきれいなV字になって、チョット感激です(笑)

FSQ106ED+RD-QE+ML11002(-30℃) LPS-P2 RGB=3mX2(2X2) RGB合成画像

| | コメント (2)

2008年3月12日 (水)

LPS-P2の位置

20080312p2FSQ106ED+RD-QEの場合のLPS-P2の挿入位置の違いによるケラレやゴーストを比較してみた。
RGB合成の画像(Astronomik Type2C)。

①P2無し
②ワイドマウントに48mmのP2を装着
③本体72mmフィルターネジにP2を装着
④レデューサの前面58mmフィルターネジにP2を装着

P2を付けると、どれも盛大にゴーストが発生しますね~。実際には、これだけの輝度は無いと思いますので、もう少し出方が少ないと思います。
また、ケラレは、②以外は問題なさそうです。②でもフラット補正で十分補正出きる範囲ですね。
また、以前出ていた色むらは、フィルターの傾きが原因だったようで、今回は出ていません。

総合的に見ると、①→④→③→②の順でしょうか。
実際の星空を撮影していませんので、次回確認します。

PS.本日はFlat撮影日より!(ベタ曇り)
  SkyFlatを撮影しながら、爆睡します。

| | コメント (14)

2008年3月 9日 (日)

昨夜は無駄な撮影でした(涙)

新月期の晴れ!・・・期待したのですが、空が悪いですね~。
更に、機材の調整が今ひとつで、ダメ画像の量産となってしまいました。
昨夜は、ベランダの3赤道儀フル稼働でしたが、ほとんど成果無し・・・crying
20080308m104l唯一、かろうじて見られるレベルが、このソンブレロ星雲だけです。
ただ、この画像も、星像が丸くないし、背景が見苦しいし・・・全然ダメな画像です。
久しぶりに、101ED+DGL(f=570mm)+SXVF-H9の組み合わせです。チョット焦点距離が短いですが、それなりに使えます。
L=5mX16、RGB=3mX4(2X2) EQ6+miniBORG50+SXV-guider

昨夜は、FSQ+ML11002も撮影していましたが、P2の位置を無理矢理チップ前に持っていたのですが、これが失敗。P2が傾き、星像がNG。さらに、フラットもうまく決まらず、あえなく撃沈。
同架していた45ED+7866+40Dkaiも、眠い空&フラット不良で、こちらも撃沈。更に、GPDフォークにカメラレンズ+BJ32LのHα狙いの画像も、ピントを外すし、空の悪さに背景は見るに耐えない状況・・・shock
と、最悪の新月期でした。

ところで、ML11002のP2位置ですが、FLIのNikonマウント経由でワイドマウント接続にしてみました。これで、ワイドマウントの48mmフィルターネジに、P2を挿入することが出来ます。
また、Nikonマウントには、M3ネジを3ヶ所タッピングし、イモネジで固定できるよう改造しました。(写真右上参照)
20080308em400これで、ガッチリ固定できます!また、カメラレンズも固定可能となり、撮影の幅広がりました。

そして、EM400は、写真のような搭載で標準仕様としました。
メインは、FSQ+ML11002。サブに、BORG77ED+7704+40Dkai。この2本のアライメントは、ほぼ合わせてあります。
また、ガイド鏡は、BORG77(ロング鏡筒に変更)で極力稼働部分を少なくし、M57ヘリコイドDXをM42変換してST402に接続しています。

これらの組み合わせを1台のPCで操作します。初期設定が終われば、後は室内からVNCによる遠隔操作で導入&撮影が可能です。

===ワイドマウント+P2の結果===
20080309wideご覧の通り・・・weep
完全にケラレています。48mm径ではダメでした。
そもそもワイドマウントって35mmに対応しているんですよね~。
こうなると、RD-QE前部の58mmフィルターネジにP2をねじ込むしか無いのかな~。

| | コメント (6)

2008年3月 5日 (水)

完成・・・オリオンLRGB画像

20080305orimL画像のコンポジットをMaxIMで行いました。
位置合わせは、完璧です。前の画像の右上部分が、ずいぶん良くなりました。また、シグマクリップで人工衛星の軌跡も消えました。
L画像が仕上がったので、もう一度LRGB合成。
背景のムラ(LPS-P2によるもの)は、完全には補正し切れていませんが、以前の画像より多少は改善しているようです。

今回は、燃える木の色合いと恒星の発色に重点を置いた処理を行いました。
AstronomikのType-2Cフィルターを使うと、恒星の黄色が鮮やかになります。フィルターの特性なんですが、とても好感の持てる発色になります。

FSQ106ED+RD-QE+ML1102(-30℃) BORG77+ST402+EM400
L=5mX12 RGB=3mX4(2X2) LPS-P2 SI5、MaxIMDL、CS3、AstronomyTools

| | コメント (8)

2008年3月 2日 (日)

昨夜の成果?

20080302oril20080302orirgb昨夜のオリオン中心部。
フラットが合わず、再度撮影し直したのですが、LPS-P2の挿入場所が悪いのか、円形の色むらが発生していましましたcrying
光害地なのでLPS-P2は、必須なんですが、これでは使えません。
現在、P2フィルターは、RD-QEとCA35の間に挟み込むように入れてあります。
FSQ106ED+レデューサの場合、どこにフィルターを入れるのがベストなんでしょうか?
困りましたね~。
左の画像は、60mのL画像とRGB=12mのRGB合成画像。イヤーすごい画像です^^;L画像にも円形のムラが確認できます。
また、一つ課題が出てしまいました。当面は、P2なしのナローバンドがメインになりそうweep

20080302orilrgbmそして、こちらは、先ほどの画像を元にLRGB合成で仕上げた画像です。ダメ画像ですが・・・。
画像処理てんこ盛り・・・4時間ほどPCとにらめっこ・・・絵になってしまいましたthink
画像右上周辺は、スケアリングが狂っているようで、星が伸びています。加算時にうまく合成出来ませんでした。P2フィルターを挟み込んでいるのも影響しているかもしれません。
三ツ星周辺の星雲を写したいと思っていたのですが、なかなか写りませんね~。昨夜は、空の状態も今ひとつでしたので、仕方ないでしょう。
この周辺は、秋以降にリベンジですね。
一応撮影データ
FSQ106ED+RD-QE+ML11002 BORG77+ST402+EM400
Astronomik Type-2C(L=5mx12、RGB=3mx4:2x2) 合計=96分
SI5、CS3、AstronomyTools

===40Dkaiによる同時撮影===

20080303ori40d 上記のML1102の撮影時に、同架していたminiBORG45ED+7866+40Dkaiでの画像。
焦点距離198mmなので、こちらの方が広い範囲をカバーできます。
相変わらず背景の処理に苦労していますが、この日の空の状態なら、この辺りが限度のように思います。

FSQ(F3.6)+MLとminiBORG45ED+7866+40Dkaiの組み合わせが、うまく行くと、MLで高諧調&高詳細L画像、40DでRGB画像のLRGB合成が可能になります。一度に両方撮影できるため効率がいいと思っているのですが、果たしてうまく行くのでしょうか?

3mX8 iso=800 電球 Dark&Flat補正 LPS-P2

| | コメント (11)

2008年3月 1日 (土)

撮影中・・・でも・・・

20080301orionFSQ106ED+RD-QE+ML11002でブロードバンド画像を撮影しているんですが、先ず先日撮ったフラット画像が合わない・・・(涙)
仕方ないので、再度、フラットを撮影し直しています。
また、空の状態も余り良くありませんね~。
とりあえず、こんな感じの画角で撮影しました。
先ずは、L=5m、RGB=3m(2X2)の各1枚からLRGB合成してみました。
今日は、空が良くないので、分子雲は難しいでしょう・・・。
眠くなりましたので、本日はダーク画像を撮影しながら爆睡します。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »