« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

またまたダメ空だー

本日も天気予報はsun。しかし、空は、1等星しか見えないスッキリしない空。最悪です。
GW前半の休日は、まともな成果がありません。
20080429m104今夜、この最悪の空で撮影したダメ画像をUPします。
先ずは、VC200Lレデューサ+SXVF-H9でのM104。
L画像は、5分×10枚。RGB画像は、3分×1枚(2X2)。
全体では、L=2時間、RGB=12分(2X2)撮影しましたが、処理する気力がありません。
こんな程度にしか写りません。ダメだこりゃ(涙)
20080429m5こちらは、FSQ。
M5周辺を撮影。モノクロです。
5分画像+1分画像の全体画像とM5の等倍トリミング。
全体画像の下の方で、☆にコマ収差が出ています。
RD-QEのバックフォーカスに合っていますので、取り付けによるスケアリングミスの可能性があります。
この後、カメラを付け直しましたが、余り改善されません。
GW後半に向けて、課題が残りました。

現在、放置撮影を敢行中です。
VC200は、M16のHα。FSQは、M16から北のsh散光星雲。そして、MACROレンズのST2000XCMは、光害の中のアンタレス付近。
どれも、2時間超の露出を予定していますが、結果はダメダメが見えています。
風呂入って、仮眠します。
==追加==
20080429m16VC200+HαによるM16中心部。
10分×6枚。ガイド精度が悪く、成功率5割。ガイド鏡がminiBORG50なのが問題かも。
以前使っていた6cm、f=700mmの望遠鏡でも使いますか~。
成功しているといっても、☆が丸ではありません(涙)
まあー何とか見られる程度です。

| | コメント (2)

2008年4月29日 (火)

ダメ空でのMACROレンズ

20080428macro70天気予報のsunnightはいったい・・・
全天cloudcloudcloudですよ~。20時頃までは微かに1等星が見えていましたが、ついにベタcloudとなりましたcrying
かろうじて、うっすら☆が見えていたときに撮影したものをUPします。画像は、少し大きいサイズです!
先ずは、MACRO70mmF2.8。ST2000XCMに付けての撮影です。ニジミ対策にL41を付けています。
結果は、ご覧のとおり。十分開放で使えますね~。☆にカラフルなニジミが出てしまいますが、画像処理でなんとかなるレベルです。
GPDフォーク+PHDで3分を4枚加算平均してあります。
20080428macro50こちらは、MACRO50mmF2.8。40DSEO-SP2に付けました。
FFのLPS-P2+L41。iso=100。120秒。
開放だと周辺の星像に収差が出てしまいますが、F4に絞り込んでもシャープにはなるのですが、収差は多少残るようなので、それなら開放で使っちゃおう!っと思っています。
ダークもフラットも未処理。レベル調整だけの画像です。
3万未満のレンズですから、この程度写れば十分でしょう!
Hαでの画像にも使えますので、楽しみです。

共に、おとめ座にスピカを入れてあります。

それにしても、この曇天cloud。ついに、EQ6とGPDフォークは、撤収。残るEM400は、新たなフード付けたFSQのフラット画像cameraを取得するために、これから朝までせっせと働いて頂きます。
折角の休みなのに、フラットだけなんて・・・寂しい~。
==追加==
20080428flFlat画像の撮影風景。
ギョっとするぐらい光害が激しいですね(涙)
銀色の新着フードに、街の明かりが・・・。
F4でiso=100の30秒で、この有様。
残念!(死語)

| | コメント (6)

2008年4月28日 (月)

GWベランダ仕様!

20080428gwGW前半ですが、やっとsunが見えてきました。今夜は、撮影可能でしょうか?今日は、休暇をとっています^^;
曇り空の中、このGW(特に後半)に望むベランダの機材を組み上げてみました。
EM400:FSQ106ED+RD-QE+ML11002 BORG77+ST402 
更に、ガイド鏡の上に40DSEO-SP2(写真は、カメラを外した時のバランス確保用にGPガイドパックのバランスウエイトを付けています:いい方法を見つけました!)でカメラレンズやminiBORGなどを搭載できます。
EQ6:VC200LDG+SXVF-H9 miniBORG50+SXV-guider
春の系外星雲を狙うための仕様です。ガイド鏡が貧弱ですが、多分大丈夫でしょう^^;
GPDフォーク:70mmF2.8MACRO+ST2000XCM miniBORG60+DSI+PHD
ガイド精度が安定しない赤道儀ですが、冷却CCD+カメラレンズで広角画像を狙っていきます。レンズとしては、135mmF2、180mmF2.8、50mmF2.8MACRO等々を使えます。場合によっては、2X2ビニングモード(モノクロモード)でHαも楽しいかも知れませんね~。

さーて、これらの機材、活躍してくれるでしょうか~。頼むよ~。晴れ!night

豆知識:カメラレンズのマウントの違いによる絞り(絞りが付いていないレンズです)
皆さんご存じだと思いますが、EOSマウントのレンズは、外すと開放になります。canonのカメラに装着した状態で、絞り込みを行いながら、マウントから外すと望みの絞りのままの状態になります。
しかし、NIKONマウントのレンズは、絞りがレバー方式のため、外すと最大絞りになっています。これでは、星空には使えません。このレバーを、強制的に止めてしまうことで開放として使用が可能になります。ただ、チョット絞って使いたい!って要望には、このレバーを微妙な位置で固定する必要がありますので、ちょっと難しい感じです。
今回は、レバーに詰め物をして、開放固定することで撮影に使ってみたいと思っています。

| | コメント (4)

SIGMA 50mmF2.8 DG MACRO

20080427macro120080427macro2GWが始まったのですが、関東はraincloud
どうも前半は、天気が悪い。
予報では、今夜からsun?らしいが、どうなることやら・・・。
40D用に新しいレンズを用意した → SIGMA 50mmF2.8DG MACRO EX  安い!
明るい広角レンズも考えたが、マクロレンズは結構良い像を結ぶと巷では評判が良い。
ノーマルでスナップからマクロまで楽しめる。画像は、万世橋から見える昔と今。そして、ベランダの花たち。
マクロ撮影は、どうも苦手なジャンルに入りそう・・・下手である。
改造機では、FFHαと組み合わせて、広がりのある対象や星雲をまとめて収めるのには役に立ちそう。カラー撮影はどうなるか?も楽しみ。色ニジミが若干出そうな予感。L41は、必須かも?
ML用に同じくSIGMAの70mmF2.8MACROを用意する予定。こちらは、SLDレンズをふんだんに(3枚)使った高性能レンズ。マウントは、NIKON。S5Proでマクロ撮影&ポートレートも可能。

| | コメント (2)

2008年4月25日 (金)

GWは撮影日和???

20080425tenki明日からGW!happy01
肝心の天気は・・・前半はcloud怪しいですね~。
夏の対象を撮るとしても、月moon3が残ってますので、前半は春の対象狙いでしょう。
後半の天気sunに期待して、夏物はGW後半狙いかな~。
それにしても、今までGWは良い天気が多かったと記憶していますが、今年は、あまりスッキリしない感じで、残念です。crying
更に、2008年は4ヶ月が過ぎましたが、撮影日和cameraの日数が極端に少なかったように思います。
この趣味を続けて行くには、天気が大きく影響します。モチベーションを維持させるためにも、晴天sunを多くして欲しいですね~。

| | コメント (4)

2008年4月18日 (金)

Baby-Q(FSQ-85ED)誕生!

タカハシより、Baby-Qが誕生したようです。
天文ガイドのタカハシの広告の下に、Coming in Spring... the "Baby Q" ってさりげなく書いていたんですが、今日、タカハシのサイトに登場しました。
仕様は、FSQ106EDの弟分というスペックです。
口径85mm焦点距離450mm口径比5.3 4群4枚改良型ペッツバール アポクロマート
スーパーEDガラスを2枚使用した、まさにBaby-Q!
重量は、3.8kgととても軽い!
写真を見る限りでは、接眼部の回転装置が無いように見えます。また、減速微動装置も省略?されているようですね。
また、KBプレートは、FSQ106EDよりも更にオフセットされています。
そのうち、レデューサも発売されて、0.73Xだと328mmF3.8という仕様になりますね。
焦点距離的には、106EDとの差があまりないというか、Baby-Qの方が若干暗めの設定ですので、106EDを持っているユーザーには・・・微妙ですね~

気になるお値段・・・294,000円也・・・

小型の赤道儀でフラットな画像をお求めの方は、FSQ106EDよりも約20万安いこのBaby-Qは、お勧めなのかも知れませんね~。

| | コメント (13)

2008年4月16日 (水)

面白い星雲

20080416m16m17o先日撮影したM16&M17付近の散光星雲の中に、リング状の星雲がありました。
最初は、虚像かと思いましたが、ネットで色々調べてみると実在する星雲だと分かりました。
とても淡い星雲ですが、リング状になっていて面白いと思います。
正式な符号が付いていると思いますが、そこまでは分かりませんでした。
宇宙には、色々な形があるのですね~。

最近、ネタが無いので、過去の画像を使い回しています(笑)

| | コメント (2)

2008年4月15日 (火)

疑似カラー&反転画像

20080415m8c20080415m8wb 前の記事のダウンロードファイルを使って、Hα画像を疑似カラー化しました。
Astronomytoolsの疑似カラー処理を行い、トーンカーブ等で補正してみました。
全体に赤に寄るのは、元画像がHαですから仕方ありませんね~。
お遊びです(笑)

また、階調反転でHⅡ領域を強調してみました。
この辺りは、淡いですが複雑な模様を作り出しています。
右下は、ゴミの跡?かも。Flatがダメかな~。

| | コメント (6)

2008年4月13日 (日)

M8&M20付近

20080413m8m機材トラブルで、1枚しか撮影できなかったM8とM20周辺のHα画像です。
10分ですが、結構写っていますね~。
予定通り1時間撮影できていれば、それなりの絵になったと思いますので、とても残念。
サクッと、数分程度の処理で仕上げました。
FSQ106ED+RDQE+ML11002(-20℃)+Hα(13nm)
BORG77+ST402+EM400
10分×1 SI5、CS3 ダーク&フラット補正
撮影日:2008.04.12 AM3:09

※今回は、片ボケは無いようです。良かった。
 
☆SI5でダーク&フラット処理、カブリ補正、DDPを処理して、4X4ソフトビニングした画像

「m8.tif」をダウンロード

できます。ファイルは、tif16ビットで、サイズは、1.2MBあります。画像処理の練習にお使い下さい。

| | コメント (4)

2008年4月12日 (土)

昨夜は×

昨夜は、久しぶりの晴れ。
しかし、南から雲が押し寄せる感じで、2時過ぎになんとか撮影できる状況になりました。
カメラレンズ+SXVF-H9を試していましたが、フォーカスが出来なくて没。
FSQ+ML11002のHαでM8&M20領域を撮影しようとロックオン。
ROBOでオートフォーカス後、薄明開始までの1時間を10分で6枚撮影にセット。
撮影開始、そして仮眠。5時の目覚ましで起きて、赤道儀を停止させましたが、PCの画面からMaxIMが消えている?
撮影画像を見たら・・・10分1枚撮影したところで、どうも異常終了していたようだ・・・(涙)
結局は、この1枚のみ成果。画像処理する気力が沸きません。
土曜出勤なので、帰宅後1枚画像を処理して見ます。
1枚なので、期待できないな~。ああー疲れた。そして眠い。。。

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

M16&M17周辺(Hα)

20080406m16m17m昨夜撮影したM16&M17付近の散光星雲。
FSQのF3.6の明るさは、ナローバンドでも最高です。
イプは、更に明るいので、もっと写るんだろうな~。
当初は、アンタレス付近を狙おうと思ったのですが、眠い空の影響で、ブロードバンドは撃沈。
急遽、ナローに変えて、広々画角で狙ってみました。
しかし・・・
スケアリングが狂っています。画像上部は、十分シャープなんですが、中央から下部は、ピントがずれています(涙)
カメラの取り付け方向と一致していますので、カメラの重さによる接眼部のたわみか、アダプタの取り付けミスが考えられます。
F値の明るい光学系は、少しでもスケアリングが狂うとすぐ画像に現れますので、十分注意する必要があります。
FSQ106ED+RDQE+ML1102(-20℃) BORG77+ST402+EM-400
Hα(13nm) 10分×11枚 SI5、MaxIMDL、CS3

☆画像処理控えめで大きめの画像は、別館にUPしてあります!

20080406m16m比較的シャープに写っているM16を等倍で切り取りました。
ML11002で切り取ってもとてもシャープですね~。
1024X1024ピクセルです。
この辺りは、sh天体が沢山ありますので、これからの対象としてはとても楽しいエリアです。
今年は、この周辺をモザイクするのもいいかも!
Hαの巨大掛け軸(爆)なんて・・・多分無理だろう~(笑)

| | コメント (2)

緊急速報・・・巨大プロミネンス!

20080406sunでかいのが出ていますsun
昨夜は徹夜でしたので、昼前に起床(笑)
先日黒点群が出ていたので、sunを見ようとPSTをセット。
いきなり、このでかいプロミネンスが飛び込んで来ました。
活動期に入っているのは間違いないですね~。
coronadoP.S.T.+LV25+A630 1/10秒 40枚 registax
2008.04.06.12:20頃
 
20080406sunbwBJ32L+2.2倍メタルエクテンダーでの拡大画像。
0.3秒×50枚
こちらの方が少しは詳細が分かるようになりました。
ダイナミックな活動ですよね~。
2008.04.06 13:02頃

| | コメント (2)

2008年4月 5日 (土)

夜桜+星空・・・そして撮影中

200804056s151i200SIGMA8mm+40D。
桜と春の大曲線。
北斗七星からうしかい座のアークトゥールスそしておとめ座のスピカ。
6秒×151枚 iso=200 F5.6
比較明コンポジット。

2008040510s226i200こちらは、沈みゆく冬の星々と南中する春の星々。
1等星が多い冬の空ともお別れですね~。
10秒×226枚 iso=200 F5.6

今回は、ライブビューモードからの連写です。
ミラーアップした状態ですから、振動もなく、また省エネで快適でした。
500枚以上撮影したのですが、バッテリーは全然大丈夫!
 
20080405m16m175mそして、久しぶりの撮影!
空が眠いのでカラー画像は諦め、Hαに絞る。
どうもスケアリングが悪いようだ。
上と下で星像が違う・・・(涙)
ビニングで誤魔化そう・・・(笑)

とりあえず10分1shotをサクッと画像処理。
全体で2時間露出の予定。
FSQ106ED+RDQE+ML11002(-20℃)
Hα(13nm)
明るい光学系は、本当に良いです!

| | コメント (6)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »