« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

まだやってます^^;検定2級

20080630ami・・・ということで(笑)
PSの調整レイヤーを出来るだけ1ファイルに納めたいと思い、あれこれ処理してみました。
今回は、CS2で処理しています。
背景画像のGチャネルにBチャネルを貼り付けたRBB合成画像を基本に、ダスト&スクラッチ、そして各種レイヤーにマスクの組み合わせです。
色々いじって・・・いじって・・・輝星への影響が限りなく出ないように、優しく、優しく・・・そしてマスクかけて・・・とソフトに対応しました(爆)
これまでよりは、微恒星が若干主張しすぎた感じですが、恒星の表現は、以前より自然な感じに仕上がったのでは?と自己満足しています(笑)

とても勉強になる素材を提供してくれたよっちゃんさんにこの場を借りてお礼申し上げます。

ちなみに、どんな調整レイヤーになったかというと・・・以下の通り。
20080630syori
色々突っ込みどころ満載のレイヤー並び。
笑ってやってください(笑)
私が処理するとこんな程度です。

しかし、中央の星雲は淡い・・・。

| | コメント (2)

2008年6月29日 (日)

大雨にご注意を

昨夜から今日にかけて、四国、紀伊半島、東海、伊豆半島、房総半島が大雨になっています。
こちらの方面の方、災害にご注意下さい。
幸い埼玉は、小康状態で小雨が降る程度です。

20080629hanaさて、ベランダの折り鶴蘭が、今年も花を付けました。
小さく可憐な花です。
もうしばらくは、楽しめそうです。
他の花も梅雨のじめじめした気分を和らげてくれます。
SIGMA50mmMacroF2.8+40D

20080628ami4そして、画像処理検定2級画像。しつこくやってます(笑)
昨日は、SI5でカラー合成を行いましたが、今日は、CS3でカラー合成しました。
チャネルを表示して、G画像とB画像をコピーします。
更に、G画像+B画像の加算平均の画像を作成します。
作成画像を、チャネルのGBにコピーして終了。
若干微調整を行い、仕上げました。
星雲の部分の色だけを調整する事は、私の今持っている引き出しにはありませんので、今回の方法をとりました。
何となく、LPS-V3を付けたデジカメの画像のような色調になりました。当然ですね、RGG合成見たいなものですから・・・。
惑星状星雲は、RGだけで十分表現できる対象ですから、この方法も通用します。

| | コメント (2)

2008年6月28日 (土)

画像処理技能検定2級素材

20080628ami1よっちゃんさんの画像処理技能検定2級素材を処理してみました。
難しいお題です。
微恒星がビッシリの中に淡い星雲・・・
今までの方法で処理していると、星雲が強調されると同時に微恒星も存在感を主張してきます。
輝星保護マスクの出番なんですが、それでも抑えきれない状況です。
結果的には、ダスト&スクラッチを掛けた画像と元画像を重ねて微恒星を抑えることにしました。ちょっと邪道な方法かも知れませんが、効果はあります。
背景の色むらが若干気になったので、その辺りも少し修正しています。
色調がよっちゃんさんと違うのですが、よっちゃんさんのようなエメラルドグリーンには出来ませんでした。
以前、Hα+OⅢで撮影した時は、きれいなエメラルドグリーンだったので、色々やってみましたがダメ・・・。
なので、色調は諦めて、サクッと1時間強の処理時間で終了としました。

===エメラルドグリーンな色調編===
20080628ami2よっちゃんの画像処理後の色調は、どうやって表現しているのか・・・?を考えていました。
そして、結論は、この方法では無いかと思い処理してみました。
如何でしょうか?
エメラルドグリーンは表現できました!
上記の「Hα+OⅢのAOO合成」にヒントを得たのです。
方法は・・・
最初の画像をSI5に持ち込みます。そしてRGB分解。G画像とB画像を加算平均した画像を作ります。
これを仮に”Xチャネル”と呼ぶと、RXX合成として再カラー合成したものです。
RGG合成でもグリーンが強調されますが、Bの成分も加えた方が良いと思い、GB加算平均画像を使いました。

この方法とは違う方法で処理されていると思いますので、その辺りをよっちゃんにお聞きしたいですね~。

===更に最初の画像と重ねました===
20080628ami3RXX合成だと、恒星もGに偏る傾向があります。
そこで、最初に処理した画像と画像操作で重ねてみました。
元画像の恒星の色合いを少しでも引き継ぐためです。
画像操作の際に、マスク(元画像を指定:階調の反転)により星雲自体への影響を最小限して重ね合わせました。
これで、少しは恒星の色もG成分が少なくなった感じがします。
エメラルドグリーンが若干青くなりましたが、この画像も色調的には好みです。

| | コメント (6)

2008年6月27日 (金)

M16&M17

20080627m16m17先日のM16&M17付近の画像を処理してみました。
雲の影響から、L画像は、8枚です。
RGB画像も各2枚しか使えませんでした。
透明度も良くなく、淡い部分がうまく表現出来ていません。
色々処理してみました、今回の画像は、この程度が限界です。
恥ずかしい画像ですが、梅雨時期で記事が少ないので、UPいたしました。
突っ込みどころ満載の画像ですが、暖かい目で見てやってください。

やっぱ、Hαの方が良いですね~。

FSQ106ED+RD-QE+ML11002(-20℃) miniBORG60n+ST402+EM400
L=5mX8 RGB=3mX2(2X2) Total=58m
SI6,CS2,Astronomytools

| | コメント (0)

2008年6月25日 (水)

昨夜の成果(その2)

20080624m16m17rap 20080624m16m17m昨夜、同架撮影していた40D+135mmF2.8での画像を処理しました。
左の画像は、RAP2でダーク減算&フラット補正後の画像を、CS2で現像した状態です。
左下から光害によるカブリが激しく出ています。まーいつも、この程度は慣れっこですが・・・それにしても醜いですね。
右は、8枚画像を加算平均して、SI5、CS2でゴリゴリ処理した画像になります。
FFのLPS-P2によるケラレが、うまく除去出来ないので、部分的にトリミングしました。
光害によるカブリ補正や調整レイヤーによる補正等々・・・そして、Astronomytoolsによる修正など・・・
この辺りが限度でしょうか。これ以上だと、破綻してしまいそうです。
Canonの135mmF2Lレンズは、性能いいですね~。F2.8まで絞ってますので、星像も問題なし。さすがLレンズ。
135mmF2L(F2.8)+40Dkai iso=200 WB=3800k 5m×8枚 RAP2,SI5,CS2

| | コメント (4)

2008年6月24日 (火)

晴れた!でも薄雲が・・・

20080624m16m17また、梅雨の中休みnight
夕方はすばらしい空になっていました。速攻、帰宅して撮影準備。
午後9時過ぎから撮影を開始しましたが、薄い雲が増えてきています。
案の定、撮影対象は薄雲の頻繁な通過にやられてしまいました。
とりあえず、撮影開始後の数枚をサクッと処理。
M16&M17付近をトリミングしてあります。
Flatが決まらず手抜きの画像処理。
でも、久しぶりに撮影が出来ました(笑)
FSQ106ED+RD-QE+ML11002(-20℃) miniBORG60n+ST402+EM400
L=5mX4 RGB=3mX2(2X2) Total=38m

| | コメント (4)

2008年6月22日 (日)

どんより梅雨空

20080622bw週末は、梅雨空・・・

低い雲が垂れ下がり、しとしと雨が降っています

幸い激しい雨ではありません

K10D

| | コメント (4)

2008年6月19日 (木)

こんどこそ掛け軸(笑)

20080619kakejiku懲りない画像処理・・・(笑)

AstronomytoolsのAstroframeを使って、掛け軸風に処理。

なんとなく掛け軸っぽく見えてくる(自己満足)

梅雨時期は、画像処理で遊んでます。

| | コメント (4)

2008年6月18日 (水)

水墨画編

20080618m16etc先日のモザイク画像を反転してみた。
今月の天ガに反転画像があったので、ガスの濃淡を表現出来るように画像処理。
主要な散光星雲は、つぶれ気味だが、周囲の淡い部分は、こちらの方が分かりやすい。

これこそ水墨画の世界です(笑)

こうやって見てみると、淡いガスは興味深いものがありますね~。
この周辺や、M8M20周辺、M24(バンビの横顔)周辺、スモールスタークラウド周辺なども、多くのガスが漂っています。

光害地の楽しみとして、少しずつエリアを拡大していきたいですね~。

| | コメント (4)

2008年6月15日 (日)

掛け軸を作成

20080615m16m17shm金曜の夜の画像(一つ前の記事)と4/5に撮影した画像から、夏の掛け軸を作成してみました。
モザイクは、調子を合わせた2枚の画像を、CS3のPhotomergeで自動処理。とっても楽チンなモザイク合成です。
つなぎ目も分かりません。すばらしい機能です。
FSQ+ラージフォーマットCCDの威力で、散光星雲の様子がよく分かります。
また、画像を縮小出きることから、全体的にシャープ感が増し、アラは分からなくなります!
元々シャープな光学系ですから、縮小により針で突いたような星像になり、全体的にビシッとしますね~。

光害地の撮影の楽しみであるナローバンド、単発で終わらせずに広い写野にすると、別の世界が広がる感じです。
ただし、背景をある程度揃える必要がありますので、この点は、光害地の最も苦手とする部分です。できるだけ透明度の高い空で撮影する必要があります。

| | コメント (4)

2008年6月14日 (土)

眠い空だけど撮影中

20080613m16sh254眠い空(水蒸気が多い)ですが、折角の週末&sunなので、撮影しています。
昨日のガイドエラーは、ガイド鏡をminiBORG60nに交換して、取り付けをしっかりすることで、無くなりました。
対象は、M16&sh2-54。Hαで狙っています。
とりあえずガイド確認のために撮影した10分画像をSI6だけで処理してみました。選択マスクを使用しています。
背景にバラツキが残っていますが、SI6も随分使いやすくなりましたね~。選択マスクに使う画像のトーンカーブを調整し、高輝度部のみにマスクが掛かるようにしてみました。結構イケマス!
現在、薄明開始まで、連続撮影中!
ML11002は、昨夜は-30℃で結露してしまいましたので、今日は、乾燥剤を入れ替えて乾燥空気を送りつつ、控えめの-20℃で撮影しています。これでも外気温マイナス45℃は冷えてます!さすが!
湿度は、80%以上ありますので、こういう状況は結露注意報が発令されますね~。
FSQ106ED+RD-QE+ML11002(-20℃) miniBORG60n+st402+EM400
Hα(13nm) 10m 1枚

===8枚重ねました===
20080613m16sh254l眠くなりました~。
薄明開始時間までに、8枚(80分)撮影出来ましたので、サクッと処理しました。
眠い空の割には、写ってくれた感じかな~。
ダークが合わないのか、それともフラットなのか・・・黒い点が目立ちます。
後ほど、再処理してみましょう!

SI6、CS3、Astronomytools

| | コメント (6)

2008年6月12日 (木)

梅雨の中休み

20080612moon1梅雨前線が南に下がり、梅雨の中休みになりました。
週末まで、sunそうですね~。
生憎、月が大きくなって来ていますが、その月を撮って見ました。
VC200L+レデューサでAPSサイズには丁度良い大きさになります。
1枚画像をCS3で処理してあります。
40D iso=100 1/30秒 WB=手動 EQ6

透明度の悪い空ですが、久しぶりにML11002をセットしました。
P25をガイド鏡にしたのですが、エラーグラフはほぼ完璧なのに、撮影画像が流れてしまいます。
どこかに剛性不足があるようで、久しぶりに撮影で原因が不明の状況です。

| | コメント (2)

2008年6月10日 (火)

晴れたのに失敗(涙)

昨夜は、日付が変わる頃から急速に天気が良くなり、結構良い空になりました!
ほろ酔い気分で、40Dkai+135mmレンズをセットして、南中頃のM16&M17をロックオン。
PCライブビューでフォーカス。そして、PHDをキャリブレーション。準備完了。
EOSユーティリティのタイマーをセットして、撮影開始。
連写モードで32枚セットして、後は、機械に任せて、ベッドに潜り込みました。
朝起きて機材を片付けながら、撮影画像をチェックすると・・・
午前4時台の画像が4枚だけ・・・?・・・どうして??
当然、画像は、真っ白です(涙)

ほろ酔い気分で設定したタイマーに間違いがあったようです。
折角の梅雨の中休み・・・無駄にしてしまいました(残念)

今夜も夜半までは晴れの予報。
木星を狙うか・・・それとも・・・思案中。

| | コメント (4)

2008年6月 2日 (月)

梅雨入り

6月2日に関東地方は、梅雨入りしました。
いつもよりも早い感じがします。
これから1ヶ月半は、撮影出来ない日々が続きそうです。
Blogネタ・・・困りますね~。
機材のカビ対策をお忘れなく!

| | コメント (8)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »