« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

もう一つの入選

20100330nyusen

我が町、白岡の観光協会が主催する写真コンテストで、優秀賞に選ばれました。
入賞ですね~。賞金3,000円と特産品を頂けるようです!
写真は、白岡では有名な桜のスポット「高台橋」から移動して、少しマイナー場所から撮像した春の風景です。
5/10に表彰式があります。これは、是非参加したいと思います。
また、作品を町役場や白岡駅に展示されます!嬉しいですね~。

20090406sakura1


今月は、星ナビとダブル入選になりました。

| | コメント (14)

2010年3月30日 (火)

理想の星像をめざして Stage1

20100330chosei1

満月ですが、晴れていますので星像チェックと調整を行いました。
先ずは、今日の調整結果画像です。
レデューサの回転装置のイモネジ。3カ所を締め付け具合を変えながら調整しました。
以前は、右側の星が放射状に伸びていましたが、随分改善しました。
でも、これ以上は追い込めません。
満足できるレベルには、まだまだ道のり険しの状態です。

20100330chosei2

同時に、フラットも撮像してみました。
SI6の周辺減光補正ウィンドを使うと、傾向がよく分かります。
ほぼ同心円になっていますが、やはり中心がずれていますね。
同心円だったことは、収穫です。良かった。

タカハシの工場でも対策を検討していただいているようです。少々時間がかかりますが、期待しています!

ドロチューブのガタは、やはり自分では調整出来ないようなので、工場に送って欲しいとの事でした。満月期だから、送って調整していただきましょう。

タカハシの対応は、さすがですね~。

| | コメント (6)

2010年3月28日 (日)

週末の調整など

先ずは、FSQの接眼部。

20100328setugan

フラット撮影をしていて気なったのが、ある方向でのガタつき。
写真のように、赤い線の方向にガタが発生します。
青の方向は、全くガタ無し。
接眼体回転装置は、先日工場から帰って来たので問題ないですが、ドロチューブ部分は、どうなのか?
定評あるタカハシの接眼部にガタなんて、発生しないはずですよね~。困った。

20100328backfocus

もう一つが、メタルバックの確認。
レデューサを使用した場合、72.2mmが公称値。
CA35→マウント60→CFW-2-7→ML11002と接続して、計測。
約71.5mmでした。
フィルターの厚み(FLI=2mm、Baader=3mm)を考えると、73.5mmから74.5mm程度になります。
若干長すぎるのかな~。
でも、この仕組みだとこれ以上短くできない。
7502を使った接続では、69.5mmだったので、フィルターの厚みを考慮するとこちらの方が良いみたい。

| | コメント (13)

2010年3月27日 (土)

FSQ+RDのフラット画像

今日は、FSQのイメージが周辺で伸びる件で、趣味人の店長と色々お話しさせていただきました。
そんな中、Blogのある記事を見ながら・・・周辺減光が対称になってない?って事に。
光学系のどこかに問題があるかも・・・との事でした。

20100327oldflat

こちらが、その時のフラット画像。
確かに、中心が右にシフトしています。あれーcrying
これが影響して、画像の右側の星が乱れるのかsign02
早速、帰宅して曇天の夜空に向けてフラットを撮像。
やっぱり、右にシフトしていました。
怪しいのは、レデューサの回転装置の固定部分。
若干ガタつきがありましたshockこれに気づくまで1時間以上あれこれ調べてました。
3カ所のネジをじっくり均等に増し締め。
再度、フラットを撮像すると、右へのシフトが無くなっていますsign01

レデューサの回転装置は絶対必要ない! 何度も言ってますが。。。

20100327newflat

一方向だけでは、何とも言えませんので、カメラ(CCD)を180度回して撮像。
さらに、FSQの接眼体も180度回してみます。
それぞれの組み合わせで撮像したフラットが、こちらの画像。
いつも撮像しているポジションを、接眼体=0°CCD=0°としています。
如何でしょうか。接眼体を回しても、カメラ(CCD)を回しても、周辺減光は上下左右に対称になっていますsign03
これはhappy01期待できるかも~good
残念ながら今夜は星空がありませんので、実際の星像を確認するのは、後日になります。
これで、解決してくれるとありがたいのですが・・・お願いshineshineshine

| | コメント (6)

2010年3月23日 (火)

恥ずかしながら夏物

20100322sasori2

昨夜撮像していたアンタレスからミッキーのカラフル領域。
L画像の中央のゴミ跡は、なんとか誤魔化したが、RGB画像の光害除去に苦労した。
でも、苦労した割には、全体に眠い画像になってしまった。。。(涙)
色を出したい欲望が抑えきれません^^;荒れてますね~。
光害地で赤緯-25度では、所詮無理って物。ハイ。
L画像の解像度を生かし切れてない悪い見本です。
リベンジはしません。キッパリ。光害地の低空は、カラーなんぞ無理。
もっと高度のある対象を選ぶべきですね。
一応撮像データ:
FSQ106ED(F3.6)+ML11002(-30℃) L=10mX8、RGB=5mX4(2X2)

ちなみに過去の撃沈は、、、
その1 その2 その3
と、散々です。

| | コメント (8)

2010年3月22日 (月)

写野のズレ

20100322guide

昨夜の撮像で、写野のズレが生じていますが、その傾向が今までとは違います。
画像は、フルサイズの中央左端と中央右端を比べたものです。40分後の画像を加算しています。
左側は、赤経方向にずれていますが、右はズレがありません(赤緯に伸びているのはスケアリングの問題)。
ということは、極軸も怪しくなりました。現在、極軸のチェックを行っています。
これで解決するといいのですが。。。さて、どうなるでしょう~。
ちなみに、ガイド鏡については、Borgの鏡筒バンドのフェルトをはがし、1mmのアクリル板を2枚重ねてフェルト代わりに使っています。これで、固定はバッチリのはずです。

==========21:20
曇ってきました。でも、極軸のチェックは出来ました。
若干、東に補正して30分は微動だにしません。さすがEM400。
オートガイドいらない?ってぐらいです。
確認テストは、後日にしましょう!

| | コメント (4)

昨夜の結果:速報版

昨夜は、薄明まで安定した晴天nightが続きました。
光害があるのですが、赤緯-25度付近のさそり領域を撮像しました。
以前、撮像したときは撃沈でしたが、さて今回の結果は・・・
機材は、FSQ+RD(F3.6)+ML11002の組み合わせです。

20100322step1

先ずは、Lフィルターで10分1shotの元画像。
ダークもフラットも未処理画像です。
飽和することはありませんが、周辺減光がよく分かりますね~。
また、ゴミなどもしっかり写り込んでいます。

20100322step2

次に、10分8枚画像を、Bias,Dark,Flat補正を行い、SigmaClipでコンポジットした画像です。
フラット補正により、周辺減光は補正されています。残るは、光害成分が背景の傾斜として現れています。分かりやすいですよね~。

sign02中央のゴミ跡・・・補正できてない???心配

20100322step3

上記の画像を、SI6に持ち込み、カブリ補正で背景傾斜を補正します。さらにデジタル現像。
ガスを表現するために、レベル調整やトーンカーブを調整します。

sign02・・・ん・・・やっぱり・・・中央の暗黒帯にゴミ跡が残ってますcrying
こんな大事な場所に残るなんて・・・フラットが合っていないんですね。
L画像を撮像する前に、フラットを撮像したのですが、ゴミが入ったんですね~bearing
写りは、80分としては検討しているようですが、ゴミ跡が残念。

さて、どうしようかな~。一応RGB画像も撮像していますので、少しいじってみましょうか。

| | コメント (4)

2010年3月21日 (日)

久しぶりの撮像

黄砂が去り、季節風も少し落ち着いて来ましたが、急激に寒くなりました。
この時期にしては、珍しい透明度の高い星空です。
機材をセットして、準備してますが、FocusMaxでオートフォーカスがうまく決まりません。
仕方なく手動でフォーカスを追い込んでます。

==========21:15
スケアリングが合っていないcrying
これから調整してみます。でも、寒いな~cryingcrying

==========22:30

20100321ml1102

スケアリングが合わない。
左側は良いのだが、右側の星が伸びているbearing
レデューサの回転装置のイモネジを調整しても、カメラにアルミテープを貼っても、全くダメ。
そもそも光軸調整をした方が良いのかな~。
寒い中の調整は辛いので、この画像のまま撮像します。

==========23:35
以前撮ったフラットが合わない。。。仕方ない、撮り直すか。。。
サソリが昇るまでは、まだ時間がある。

==========01:15

20100321otome

スケアリング調整していて適当に撮像した画像。
スピカとM104の中間ぐらいに、銀河が密集した所があったので撮影。
FSQ(F3.6)+ML11002
Lフィルターで10分×5枚。
小さいですが、結構沢山銀河が写っていますね~。

まだ、フラット撮像は継続中。

==========02:00
サソリをロックオン!
薄明開始まで、放置撮影。仮眠しますsleepy

==========05:00
撮像終了。
光害の影響が大きい感ですが、処理は後ほど。
朝焼けが綺麗sign03
お休みなさいsleepysleepysleepy

| | コメント (9)

ベランダでの機材設置状況

20100321kizai

ベランダでの機材の様子を!
南向きのベランダに、EM400を設置して撮像しています。
おおむね写真のような環境です。
赤道儀と望遠鏡は、常に設置した状態で、テレスコープカバー(防水)をかけています。また、ガイド用望遠鏡とガイド用CCDも常に取り付けています。
さらに、FSQには、フィルターホイールも取り付けた状態です。唯一、毎回取り付けるのは、ML11002。メインカメラは、除湿箱で待機しています。
望遠鏡脇のボックスには、室内からの電源とネットワークケーブルが入っており、ここで、各機材の電源を供給しています。また、各機材の電源ケーブルやUSBケーブルも望遠鏡などに既に配線してあります。
籐の収納棚には、撮像用PCが中段に設置してあります。ネットワーク接続も各機材とのUSBケーブルも全て引き込み、電源を入れるだけで、使える状態です。
下段には、使用していない機材の電源ケーブルやUSBケーブルなどを機材毎に収納しています。

ベランダでの工夫は、撮像用CCDカメラ以外は、全て設置済み(配線済み)の状態にしてある点です。これにより、撮像開始までの時間を短縮することが出来ます。マンションのベランダなので、上階の庇があり、直接雨が進入することは、よほど風が強い時だけなので、今のような設置スタイルになりました。
長期間撮像出来ない場合は、EM400以外は、室内に保管しています。あと台風の時も。

撮像手順は、
①望遠鏡のカバーを外す。
②ML11002を接続する。
③各種機材の電源をON。
④撮像用PCの電源をON。
⑤冷却開始、赤道儀のアライメント
⑥フォーカシング
⑦撮像開始
と、至ってシンプルになってます。
ネットワークで接続されていますので、①から⑤までをベランダで行えば、後は室内PCからリモートデスクトップを使って遠隔操作します。
撮像データもネットワーク経由で、NASに保存されます。

撤収時は、
①冷却OFF。
②各電源をOFF。
③ML11002を外す。
④望遠鏡にカバーを被せる。 
以上で終了です。

自宅ならではの環境ですね~。電源も全て100Vで供給しますので、放置撮像も問題ありません。
こんな環境で撮像しているので、遠征できなくなるんですよね~。

| | コメント (8)

黄砂だー

20100321kosa

昨夜の大嵐に続き、今度は黄砂来襲。
なんか生暖かい空気に匂いがあるような感じ。
透明度が極端に悪いです。
予報では、夕方には黄砂は無くなるようですが。。。

| | コメント (0)

2010年3月20日 (土)

金沢駅

仕事で、石川県の某工業大学へ出張しておりました。
金沢は、中途半端に不便です。
飛行機でもJRでも時間は余り変わらす・・・なので、JRにしました。
大宮から上越新幹線で、越後湯沢でほくほく線に乗り換えです。
大宮から4時間強の長旅になり、おしりが痛くなりました。

20100320kanazawa

写真は、金沢駅東口の鼓門。
金沢の伝統芸能である加賀宝生の鼓をイメージした2脚の柱に、
緩やかな曲面を描く屋根をかけたもの だそうです。
迫力満点でした!
夜は、香林坊近くの片町で北陸の海の幸「寒ブリ」を頂きました!最高です。
金沢も今日は暖かい朝でした。コートが邪魔で^^;帰りの電車の中では汗だくになってました。

| | コメント (8)

2010年3月14日 (日)

ガイド鏡の固定方法を変更

FSQのガイド鏡は、miniBORG60nですが、F5+ML11002で撮像していると、ガイドは順調なのに、1時間後の撮像画像の星の位置が、赤経2ピクセル、赤緯0.5ピクセルほどずれてしまいます。
剛性の問題から、ズレが生じているんですよね~。このズレだと、1枚20分露光が危うい状況です。OAGなら問題無いのですが、レデューサを使うとOAG9ぐらいしかありません。
OAG9は、ML11002+CFW2-7の重量級を接続するには、貧弱のように思います。
先ずは、ガイド鏡の固定方法を見直しました。

20100314guide

上がこれまでの固定方法。
2つの鏡筒バンドで固定していますが、ヘリコイドからレンズまでが長く、ヘリコイドのガタも若干あり、不安定です。また、miniBORG鏡筒を使っている点も不安。
下が改善策。
miniBORG鏡筒をやめて、また、ヘリコイドを中央に配置し、鏡筒バンドの間隔も広く取りました。
ピント合わせが終われば、前の鏡筒バンドを締めて完了です。ヘリコイドを鏡筒バンドの間に持ってきたことで、ガタによる不安が無くなります。

今夜は、眠い空ですが、テスト撮像をしてみたいと思います。

===おまけ===

20100314sun

本日、13時過ぎの太陽。
PST+ToUcam
シーングが悪くプロミネンスも良く写りませんでした。
黒点もありましたが、空の悪さで詳細な構造が写りませんでした。残念。

===ガイド結果:追加===

20100314guide2

ガイド鏡固定方法を変更して、FSQ+RD+ML11002でテスト撮像。
miniBORG60n+SXVF-H9でオートガイド。
30分後の画像を位置あわせせずに重ねてみた。
見事にズレていますねcrying
赤経方向に1~2ピクセル程度のズレです。
これだと、1shot=15分が限界でしょう。。。ガイド鏡でなければ、やはりFSQの接眼部周りでしょうか・・・これ以上は、無理そうです。
F3.6なので、15分露光できれば、ナローでもなんとか画像になりますので、現状で妥協です。
F5の場合は、OAGを導入すれば問題は解決しますね~。どうしよう~。

空は相変わらず眠い。F3.6にしたので、今夜はフラット画像の撮像に専念します。
朝まで放置撮影!

| | コメント (8)

2010年3月13日 (土)

今夜の空

今夜は、春特有の眠い空。
微速度撮影してみました。おおいぬ座のシリウスがメインです。
FZ20 広角F2.8 iso=200 5秒 約2時間分 10fpsでWMVに変換



撮影開始時の空の状況が、終了時には良くなっていますが、肉眼で2等星がやっと見える程度。空が緑にかぶってますよね~。これが光害地の現状です。
今夜は、まったりbottleです。happy01

| | コメント (4)

動画のアップロードテスト

微速度撮影動画をYuoTubeにアップロードしてます。
うまくいくかな~。



画像をクリックすると大きな画面になります。720p以上でご覧ください。

20100313fz20

微速度撮影に使ったカメラは、LUMIX DMC-FZ20 という古い500万画素のコンデジ。
12倍光学ズームで、全域F2.8の明るさを誇るカメラです。やけにレンズがでかいカメラですね~。
広角側(36mm:35mm換算)で開放F2.8、iso=200の5秒露光を連写して撮像します。ノイズリダクションが働くので、1枚撮像に10秒かかります。インターバルが5秒あるわけです。
また、記録フォーマットとして、HDモードがありますので、こちらで保存します。バッテリーの容量から、約1時間強の連続撮像が可能です。
F値の明るさから、星空を撮像するには最適のカメラですね~。デジイチだと、シャッター耐久回数が気になりますが、こちらは全然気になりません(笑)
ただし、昼間はインターバル撮像が出来ないので、ちょっと使いづらいです。

こうして、撮像した300枚程度の静止画を微速度画像として編集しますが、使っているソフトは、TMPGenc4.0です。
連続したファイルの先頭画像を指定してやると、以降の静止画を全て読み込み、動画として編集できます。すばらしい!
フレームレートは、10fps。WMVモードでビットレートは、4000kbits/secでエンコードします。
最後に、YouTubeにアップロードしてBlogに埋め込めばできあがり!

こんな手順で作成しています。
撮影するときは、少し露出オーバー気味な画像の方が、動画にすると見栄えが良くなりますね~。
微速度撮影は、楽しいですよ!皆さんも如何ですか~。

| | コメント (0)

2010年3月11日 (木)

PhotoshopでFITSファイルを!

20100311psfits

Blogの情報を色々見ていたら、PhotoshopでFITSファイルを読み込むことができるプラグインソフトがありました。
早々、ダウンロードしてCS3にセットしてみました。
Photoshop FITS Liberator v.2.3 というプラグインです。
おおー。。。英語ばかりでちんぷんかんぷんwobblyですが、FITSファイルを開けます!凄い!!
このソフト、ESA/ESO/NASA・・・shine凄い所でフリーで提供されています。
ハッブル望遠鏡の画像処理にも使われているようですね~。
こんなソフトを無料で使えるなんて、さすが太っ腹ですgood

画像を読み込むと、「stretch function」というボタンで、色々な事が出来ます。画像のプルダウンメニュー。よく分かりませんか。。。weep
画像は、上下鏡像となりますが、FITS形式のままCSで取り扱うことが出来るので、便利だと思います。
CS3以上をお持ちの方は、如何ですか!(32bitオンリーです)

| | コメント (8)

2010年3月10日 (水)

久しぶりに☆が見えた!

昨夜は、大雪snow 途中からrainに変わったので、朝はそんなに積もっていませんでした。
そして、今日は久しぶりにnight星空sign03
でも眠い空なので、お気軽固定撮像。

20100310orion

ベランダから、名残惜しい冬の星座です。
40D iso=200 24mmF5.6 15秒 60枚比較明合成
約15分ほどの☆の軌跡です。

折角撮像した画像なので、微速度画像に編集してみました。
背景に光害のグラデーションが出ていて、あまり綺麗ではありませんが、約30分間の☆の移動を12秒にしています。

「mini_IMG_7413.wmv」をダウンロード

wmv形式で863KBあります!

| | コメント (8)

2010年3月 8日 (月)

オリオンアソシエーション

20100308orion

星ナビに掲載されました画像を掲載します。
ちょっと大きくしてみました。
Web掲載用にjpeg変換(CS4)しています。

FSQ106ED(F5)+ML11002+Hα(7nm) 合計33.5時間(延べ9日間) 8面モザイク
EM400+miniBORG60n+SXVF-H9 MaxIMDL、SI6、PhotoshopCS4

2009年12月~2010年1月までの、奇跡的な晴天のおかげです。
S/Nが悪いフレームの撮り直しや、フラットの撮り直し、そしてモザイクでのレベル合わせ・・・等々、色々苦労したんですが、とても良い経験でした。

光害地での撮影スタイルとして定着させていきたいな~。

| | コメント (8)

2010年3月 5日 (金)

星ナビGallery

20100305hosinabi

4月号の星ナビギャラリーに入選しましたsign03

それも最初の1ページに掲載いただきました。
正方形的な画角でしたので、編集者の方にご迷惑をかけたかな~。
1ページにどーんsign01と掲載されると、とても嬉しいですねgood

隣のページは、ベテラン(プロフェッショナル)3名のオリオン大星雲です。こちらも凄いsign01
誌面でのコラボレーションも果たせましたよ~happy01
この他、Blogでコメントいただいている方々も入選されていました。

星ナビの印刷は、本当に綺麗ですshine
ありがとうございました。

これで、2度目の入選。1年1作品も送り出せないペースですが、ベランダからマイペースで楽しんで行きたいと思います。

| | コメント (29)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »