« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月27日 (月)

ジオラマ風の画像処理

20100926dioramahowto

ジオラマ風(Tiltshift)の写真にするには、手前と奥をぼかしてあげれば、それらしい画像になります。
Photoshopでの方法は、画像のとおり。とてもシンプルです。
①元画像を開き、複製を作成します。
②トーンカーブでコントラストを強調(S字カーブ)
③色相・彩度で彩度をUPさせて、明度も少しUPさせます。
④複製画像に対して、ぼかし(レンズ)をかけます。形状=六角形、半径=20、回転=50ですが、好みで色々変更してください。
⑤最後に、複製画像にレイヤーマスクを追加して、放射型グラデーションでマスクします。マスクの位置や幅で趣が変わりますので、最適なマスクを探してください。基本は、見せたいメインを中心にすることです。

以上、とても簡単にジオラマ風画像が出来上がりました。マスクを変えることにより、色んなバリエーションが楽しめます。

ポイント!:元画像は、出来る限り高い位置から奥行きが出るような構図が成功への近道です。
ちなみに、この作例は、自宅マンション最上階(13階)の非常階段から撮影しました。

| | コメント (4)

2010年9月26日 (日)

賑やかな太陽です

201009261140sun

本日の太陽。11:40頃の画像です。
黒点も2つあり、プロミネンスも数カ所に見えています。
久しぶりに賑やかな太陽を見ることが出来ました。
また、画像も比較的シャープに写っていて、これも満足。
良い写りなので、大きな画像でどうぞ!
撮影データ:PST+LV25+A630 1/4 29mmF4.1(4倍ズーム) iso=100 195枚をRegistaxV5 CS3で仕上げ

| | コメント (2)

2010年9月25日 (土)

ジオラマ風と惑星撮影と月面遊覧2

最近のコンデジなんかは、ジオラマ風というシーン撮影機能が搭載されています。
この機能が無いデジカメで撮った写真を、ジオラマ風にしてみた。

20100925diorama2

20100925diorama3

20100925diorama4

20100925diorama6_4

20100925diorama7

20100925diorama8

tiltshiftという技法をPhotoshopの画像処理で実践したものです。
手前と奥をぼかして、コントラストを上げて、彩度を上げることで、ジオラマ風の画像になります。
ぼかす所でグラデーションマスクを使います。天体画像処理ではおなじみの方法。なので、意外と簡単にジオラマ画像が出来上がりました。
キモは、高い位置から奥行きのある元画像を撮ることが、成功への近道です。

20100925fsq

20100925jup2

20100925ten

そして、久しぶりの晴れ。。。でも、月が明るいので、FSQにエクステンダーを付けて、更に2.5倍パワーメイトで焦点距離を伸ばして、ToUcamで惑星を撮影しています。
焦点距離約2000mm強ですので、木星の模様が何とか見えます。併せて、すぐ近くにいる天王星を狙ってみました。こちらは、無理がありましたね~。かろうじて写っているという程度。ただ、特徴的な青い色だけは、なんとなく分かります。
これから、大赤斑が回ってくる時間(23時頃)まで待機して、もう一度撮影をする予定です。
===ここに追加していきます!===
オリオン大星雲の中心部、トラペジウム付近を、FSQ(F5)+ToUcamで動画撮影。さすがに、星雲は写りませんね~。

20100925m42上記の画像を、Registaxで処理して、CS3で微調整。画像は、ボロボロですが、淡い星雲が浮かび上がったよ~。



===ここまで===

そして、木星と同じ光学系での月面遊覧その2。30fpsで撮影したので、チラチラ激しく揺れています。15fpsぐらいが良かったかもですね~。
月の欠け際をゆっくり遊覧します。今回は、カラー画像にしてみました。


今夜の木星はこんな感じで見えている。衛星が分かるようにしてみた。

| | コメント (4)

台風一過の秋晴れ!

台風12号が通過して、一気に秋晴れになりました。
まだ強い風が時折吹きますが、久しぶりの良い空になりました。
今夜は、撮影出来そうですね~。月が大きいので、ナローになりそうです。
台風一過の雲の動きを微速度で!

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

羽田を望む

ベランダから羽田空港方面をTimeLapseしてみた。
なんか、ロケット弾が打ち込まれいるような感じ。。。
頻繁に着陸してますね~。
EOS-D30+300mmF6.7 2秒 iso=100 WB=auto
手前の高層ビルは、川口の高層マンションです。

その2・・・400mm望遠で狙って見た。

| | コメント (5)

2010年9月23日 (木)

LANDISKが。。。

20100923landisk

画像を保存しているI-O DATA のLANDISK HGL4 2TBですが、4つあるディスクのうち3つめが「未接続」となってしまいました。
RAID5を構成していますので、3台でも問題なく使えていますが、どうしようかな~。
一応、ディスクを外して、付け直してみましたが、状況は変わらず。
これは、ディスクが逝かれたのでしょうか?
さて、どうしよう。

| | コメント (6)

NGC7293をRegistax

20100923n7293regi

registaxV5を星雲に適用したら・・・やってみよう~。
完成したカラー画像1枚をregistaxに読み込み、ウェーブレット処理して、tifで保存します。余りやり過ぎると画像がボロボロになるので、微細な構造が少し見えてくる程度で抑えます。
その後、元画像と復元画像をPhotoshopで開き、元画像に復元画像を貼り付け(合成)ます。
ここで、星雲だけを抽出したマスク(更に星マスクも併用すればベスト)を復元画像のレイヤーマスクに指定して、通常で合成します。
その方法で、元画像が上で、処理後の画像が下です。今回は、星マスクを使用していませんので、星雲部分の星のエッジが強調されてしまいました。
星雲は、内部の彗星のような構造が少しは見えてきたような感じがします。
LR法での画像復元もありますが、registaxでお手軽復元も意外と面白いですね~。ただ、大きなファイルが利用できないので、Web用と割り切って使った方が良いと思います。

| | コメント (4)

2010年9月22日 (水)

中秋の名月!

20100922moon

下り坂の天気ですが、職場から運良く名月を見られました!
PanasonicFZ3でズーム最大で撮影した1shot。
お手軽で良いですよね~。
それにしても中秋の名月を楽しむには暑すぎる。。。記録更新だとか。。。
明日にかけて雨が降れば、その後はぐっーと秋の気配のようです。

おまけ・・・同じくFZ3のムービーモードで撮影した動画

| | コメント (4)

RegistaxV5のMultiAlign

惑星の画像復元に使われる定番ソフト、Registaxの最新バージョン(5.1.9.2)のMultiAlignを使ってみた。惑星には必要ない機能だと思いますが、月には有効だと思います。

20100922regiv5multi

ファイルを読み込み、のMultiをチェックします。
画面に、MultiAlign Panelのサブウィンドが開きます。
の部分の、Estimateタブを選択し、まず、Set_Master Alignpointで画像のメイン領域を選択します。
続いて、Method2をチェックし、Estimate Alignpointsをクリックします。
画像には、複数のポイントが選択された状態(画像の沢山の□)になります。
後は、Alignを実行して、通常に処理を進めるだけです。CPUパワーが無いパソコンだと、とても時間が掛るかもしれませんので、ご注意を。

2010092218271

201009221827

さて、9/20に撮影した月を処理してみました。
FSQ106ED+2.5倍パワーメイト+ToUcamの組み合わせ。
左は、元画像の1枚。右が、MultiAlign処理を行ったもの。
ウェーブレットもLayer1を0.9で40程度にしてあります。
ガンマ補正をかけて、保存して、PhotoshopCS4で仕上げ処理をしています。
Registaxの画像復元は、さすがですね~。約600コマから処理しています。

ただ、ウェーブレットのパラメータ調整が難しい。やりすぎると、エッジの立った画像で、ギラついて、とても見苦しい画像になってしまいます。
画像復元効果と滑らかさの双方を見ながら調整が必要ですね。

今回は、軽めの画像復元として、CS4でスマートシャープ処理(これが余分だったかも^^;)を施していますが、高輝度部が見苦しくなっています^^;気流の安定した時に、1000コマ以上撮影すると、無理なく画僧復元が出来そうな感じですね~。

以下、同様の処理で、コペルニクス付近とティコ付近の画像です。

201009221826

201009221830

| | コメント (4)

2010年9月20日 (月)

月面遊覧

3連休は、雲の多い天気で、星空は撮影できませんでした。
今夜は、薄雲があるのですが、時折月が見えます。

セレーネ「かぐや」の月面ハイビジョンには、全くほど遠いですが、地球から狙ってみました。
月面南部山岳地帯~ティコ~雲の海~中央の入り江~コペルニクス~雨の海~虹の入り江~北部山岳帯 の順に写ってきます。
FSQ+2.5倍パワーメイト+ToUcamでの動画を編集しました。
移動は、赤道儀の微動を使ってスムーズに移動させています。大気の状態が良くないので、ユラユラした月面がよく分かると思います。
お手軽な望遠鏡で覗いた感じに近いと思いますよ~。

それでは、約3分の月面遊覧をお楽しみください!(画面は小さい方が見やすいです)

【音楽を添付:9/21】AudioSwapで音楽を入れてみた!雰囲気が変わるかな〜
※画面下にコマーシャルが出ます。

| | コメント (8)

2010年9月19日 (日)

TimeLapseばかりになってしまう

一般的には晴れの連休なんだが、天文屋的には曇りな連休です。
なので、撮る対象が雲にも負けないもの・・・つまり風景と月ぐらい。
またまた微速度撮影。
今回は、雲の多い夕暮れを広角で撮影し、その後、望遠ズーム(200mm)で月だけをアップにしてみました。
ホワイトバランスは電球モード。D30の電球モードは、あまり青くならない感じ。
クールな夕暮れと月を覆うクールな雲に少しはなったかな~。
当然、今は全面ベタ曇りです(涙)GPV予報でも、また今夜も望み薄。

| | コメント (2)

SXVF-H9でTimeLapse

木星のガリレオ衛星の動きを・・・と思ったのだが、デジカメでは小さすぎた。
ならば、ST402MEで!・・・ブルーミングでダメだ~(分かっていたけど^^;)
ABGといえば・・・いつもはガイドをせっせとこなしてくれるminiBORG60n+SXVF-H9で撮像してみた。
まだ小さいが、何となくガリレオ衛星がわかる。

20100918mokuseiichi

ちなみに撮影開始時のガリレオ衛星の位置。
エウロパは、本体にかかっているので、画像では分からない。
イオとガニメデの相対的な動きが若干わかります。
カリストも移動なし。。。やっぱり時間が50分しか無かったのは致命的。
雲がこなければ・・・。
miniBORG60n(f=350mm)+SXVF-H9 5秒 インターバル15秒 合計140コマ。

| | コメント (2)

2010年9月18日 (土)

FSQ+40Dで月のTimeLapse+α

雲が多いので、デジカメで微速度撮影。
久しぶりにFSQのエクステンダーを使用してみた。
月の全景を撮るには丁度良い焦点距離。
最近、tokoさんのつぶやきに刺激されて、電球モードに填ってます(笑)
19時前後の10分間を、1分の微速度で再生。


雲間に写した1shot。碧い月って感じでしょ!

20100918fsqmoon2








D30でTimeLapseも撮影。んー今ひとつ。約2時間分です。雲が多すぎですね~。

| | コメント (2)

ベランダからの眺め

20100918moz

我が家のベランダからのパノラマ写真です。
東~南西方向になります。左端は春日部方面、中央が都心、そして、右端が大宮になります。
PowerShotA630 CS3でお手軽3コマモザイク ホワイトバランス=電球

雲が多く写っています。夕方になり、更に雲が増えている。今夜も撮像は無理な感じですね~。
夜の雲を微速度撮影しようかな~。

| | コメント (2)

2010年9月15日 (水)

ISS

20100914iss1_2

昨日の夕方は、絶好のISS日和でした。
18:47頃、北西の低空に見え始め、天頂付近を通過後、南東の低空に消えて行きました。
仰角が高く首が疲れた~。
写真は、北西から天頂に向かっている時のISSです。
EOSDN+18mm(F5.6) iso=100 30秒 固定撮影 NRon 撮影地:千葉幕張

| | コメント (4)

2010年9月12日 (日)

つくばエキスポセンターで

昨日は、つくばエキスポセンターに出かけました。
昨日から始まった秋のプラネ番組「はじめてのそら」(かわうそ監督作)を見るためです。
上映前にかわうそさんのご挨拶。紹介は、まいさん。そして、上映。
上映が終わりクレジットに・・・天体写真提供で私の名前が出てきます!おおー!
そして、終了後、沢山のお客さんがいる前で、かわうそさんから紹介していただきました!
ちょっと緊張(笑)でも、嬉しかった~。初めての経験。
番組は、是非つくばで見てくださいね~。11/28まで上映されています。

20100912tukuba1

20100912tukuba2_2

20100912tukuba3_2

プラネを見た人は、併設されているかわうそさんの天体写真展を見ることが出来ます。
全て綺麗な画像なんですが、4作品はB1版に拡大されています。これが迫力満点!
とても綺麗ですよ~。

20100912tukuba4

この日、最も盛り上がったのが、この車(笑)
nibarikiさんのシトロエン。
かわうそご夫妻は、子供のようにはしゃいでいました。
手でクランクを回してエンジンをかけるのも見せていただきました。
確か25年前?の車って言ってましたが、とても綺麗な状態です。
エアコンなし。。。移動は、涼しい時限定だとか。。。

20100912tukuba5

そして、〆は八角。
かわうそ夫妻、宇宙クラスタの面々、まいさんと楽しく交流。
宇宙クラスタのtokoさんは、途中で「みちびき」打ち上げLIVE中継を見るために宇宙センターへ。
・・・と楽しいひとときでした。皆様お疲れ様!

さて、帰宅なんだが、かわうそさんと春日部まで一緒かと思いきや、電車が無い。。。仕方なく武蔵野線経由で帰宅することに。
乗り過ごすこともなく0:10に無事帰還!

| | コメント (2)

2010年9月 4日 (土)

昨夜の画像をカラー化+α

20100903n7293lrgb

先ずは、らせん星雲。昨夜の80分画像を、8月撮像した画像に加えて、Hαが合計180分。そして、OⅢは、8月分画像の100分。
HαとOⅢを加算して暫定L画像として、LAOO合成です。
AOO合成の割合は、MaxIMDLで R:G:B=0.9:1.6:2.0 です。
Hαの1枚あたりの露光が10分ということで、周辺部は写りがいまいちですね~。1枚あたりの露光時間を延ばす必要がありそうです。

20100903n253lrgb

次は、低空の大型系外星雲NGC253。
薄雲もあり、また、ピントもずれています^^;
余りゴリゴリ処理しても破綻するだけなので、サクッと仕上げてみました。
色については、これでいいの?って感じです。本体は、オレンジ系?のように思いますが。。。
L=10分×12 RGB=10分×2 LRGB合成

20100903m42

放置撮影でNGC253が終了する頃目覚ましで起きてベランダに!
おおーオリオンが~!
ということで、薄明開始間近なんですが、無理矢理撮像してみました。。。
が、、、このブルーミング。ダメだこりゃ!Lフィルター3分露出でこの有様。これは、処理できません(涙)ABG仕様のカメラじゃないとダメですね~。

20100903ic434lrgb

ということで、ブルーミングが少ないエリア!
馬頭星雲に狙いを変えて、短時間撮影開始!
今シーズン初ということで、UPしておきます(笑)
明け方には冬の大三角も上がってきて、空は夏から秋、そして冬に移りつつあります。地上は熱帯夜ですが^^;
L=3分×8 RGB=3分×2 LRGB合成

以上、全てFSQ106ED(F5)+ST402ME(-0度)でした。

| | コメント (14)

久しぶりの撮像

20100903n7293a

久しぶりに本家ベランダで撮像中です。
先ずは、らせん星雲。今日は、Hαだけで撮像して、先日のHα画像と合成してみました。
合計で3時間分の露光になります。1枚10分なので、周辺のビラビラは厳しい感じ。15分露光が必要ですね~。

20100903n253l

そして、現在はこちらを撮像中。
LRGBで仕上げたいと思っています。
赤緯-25度。。。低空は厳しいですが、この時期にベランダから狙える大型の系外星雲です。
このまま、薄明開始まで放置撮影!

共に、FSQ106ED(F5)+ST402MEです。

| | コメント (6)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »