« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月28日 (金)

真澄会「利き酒大会」開催のご案内

真澄会'11の第2弾は、「利き酒大会」となりました!
言いだしっぺは、あの日本酒通のまいさん!だそうです(笑)
今回は、かわうそさんのご厚意によりLIVEの特設会場(笑)で開催します。
会場の都合上、人数に制限がありますので、参加される方はコメントをお願いします。
15名程度が限界と思っています。

日時:2月19日(土)14:00~?
場所:(有)LIVE特設会場(会議室です)
会費:無料
    但し、①基本的に日本酒(日本酒以外でも可)を持ってきてください。
       ②かわりにおつまみでもOK。
       もちろん、酒&おつまみの方も大歓迎!
       お酒の飲めない方は、ノンアルコールの飲み物をご用意ください。

大まかなスケジュール

 14:00~ CANP'11についての話し合い 北澤さん
 大事な話が終わり次第、利き酒会に突入
 飲みながらプロジェクターで各自プレゼン(自由参加)や疑問質問&天文談義!
 18:00目途 一応ライブでの利き酒会は終了(終わるか???)
 ※場合によってはこの後、近場で飲み会(多分飲み足りない大人が沢山いるかも)

以上です!

よろしくお願いします。

| | コメント (2)

2011年1月25日 (火)

今日の太陽(1/25)

20110125sun1112

午前11時12分頃の太陽です。
黒点群もあり、徐々に活動してきている感じですね~。

PST+LV25+A630 4倍ズーム iso=200 1/15秒 100枚Registax

ps.今週は単位認定試験です。勉強してないので、やばい~。

| | コメント (0)

2011年1月13日 (木)

光害地でのバックグラウンドは?

最近、P2外しで撮影していますが、F5でLフィルター5分が限界な光害の空。
元画像のバックグラウンドは・・・果たしてどのぐらい?

と、思って、最近のデータが手元(千葉)にないので、分からないのですが、
だいたい30000ぐらいのように思います。F5で5分ですが。

過去にP2を付けてF5で10分撮影したL画像を見てみると。。。

14000ぐらいでした。

ちなみに、Hαになると、1/10程度になります。

皆さんの元画像(L画像)のバックグラウンド値を教えてください!

また、Flat画像もバックグラウンドをLightに合わせてやれば、かなりうまく補正出来そうな感じがします。

| | コメント (7)

2011年1月12日 (水)

ケバイぜ~

20110112m42_2

ケバイ=けばけばしい という言葉。

「目立っている・はでやかである」という意味。

| | コメント (4)

2011年1月11日 (火)

【再掲】真澄会新年会

再度の告知です!

今週金曜日は、真澄会の新年会です。

皆さんよろしくお願いします。

現在、10名程度の方が参加予定です。

新年の天文談義を真澄で楽しみましょう!

| | コメント (0)

2011年1月 7日 (金)

M42モノクロバージョン

20110106m42la

L画像とHα画像をブレンドしたモノクロ画像。
ちょっとシャープにしすぎました^^;
これだけ見ていると、Hαの威力は凄いですよね~。
また、飽和している中心部にL画像をブレンドしているので、全体的にいい感じなんです!
でも、これをRGB画像とカラー合成すると・・・先日のような泥沼に。。。
今夜は、モノクロを眺めていよう~。

===すたろどさんのご質問へ===2011.01.10

M421

先ずは、撮影した元画像です。
Lフィルターで5分露光。
ご覧の通り、周辺減光やゴミ跡などが目に付きますね。また、光害の影響で南(画像右)が明るいことが分かると思います。

M422

こちらは、上記の画像に、ダーク&フラット補正を行ったもの。
周辺減光やゴミ跡は無くなり、光害の影響による背景の傾斜が残っているのがよく分かりますね。
しかし、ダークとフラットはとても重要ですね。うまく決まれば光害成分だけになることが理解で頂けると思います。

M423_2

残すは、光害による背景の傾斜を補正することです。
SI6のカブリ補正を使って補正する事も可能ですが、私は、MaxIMDLのAutoRemoveGradientフィルターで、自動処理しています。
フィルターを適用した後が、この画像になります。随分背景がフラットになってきていると思いませんか!
ただ、自動補正ですので、完全には補正仕切れていません。まだ、光害の影響が若干残っています。
こういう場合は、SI6のカブリ補正で修正し、それでも補正仕切れないムラなどは、Photoshopのマスクを使って補正することになります。画像処理Tips!の「仕上げ処理は」を参考にしてください。

画像処理は、MaxIMDLの自動補正までは、1枚1枚に個別に処理していきます。その後、画像をコンポジットして、残りの微補正を行います。
ただ、厳密には、1枚1枚をきっちりフラット化してから、コンポする方が良いでしょうね~。でも、とても手間がかかりますので、私は、途中でコンポしています。

もし、ダーク&フラット補正後にコンポして、コンポ後に背景を揃えているなら、コンポ前に背景を揃える方法にしてみると良いと思います。
光害カブリは、時間とともに変化しますので、コンポした後では、うまく補正できない場合があると思います。
手間ですが、コンポ前にある程度フラットな画像を作ることが成功への近道だと思います。

| | コメント (13)

2011年1月 6日 (木)

訳が分からないよ~

Hαブレンド作戦その2。
オリオン大星雲にチャレンジしました。昨年、撮影したHα4時間分の画像を、今年撮影した1分X16枚と5分×24枚とマスクを利用して重ね合わせました。多段階露光時の合成方法ですね!
L画像は、それなりにうまくいったので、気を良くしてCSでのLRGB合成に持ち込みました。
ここからが、訳のわからない世界に突入です。
いじくり回していくうち、えーこれは・・・じゃーこれは・・・これも・・・んsign02・・・なんじゃ~こりゃ~shock。。。という始末。。。down
疲れました。。。見せたくない画像ですが、一応記録ということでUPしておきます。
突っ込み所満載のM42。温かい目でご覧下さいshine
一応データ:FSQ106ED(F5)+ML11002 Hα=20mX12、L=1mX16&5mX24 RGB=5mX4(2X2) L(L+Hα)RGB合成

20110105m42largb

失敗の原因は、RGB画像の色ムラだと。。。色ムラを気にしすぎて、色が抜けてしまっています。最悪~crying
背景をきっちり揃えられればいい感じなんですが。。。
光害カットフィルター無しのRGB画像をフラットに仕上げるのは難しい~。
光害の少ない正月でこんな状況だと、ちと辛いな~。
RGB元画像から、再度仕切り直しですね。

| | コメント (10)

2011年1月 5日 (水)

カモメにHαをブレンド

昨年の1月にHαで撮影していたIC2177の60分画像があるので、先日のL画像85分画像と加算平均して、LRGB合成をしてみました。

20110104ic2177lrgb

20110104ic2177lalrgb

左は、先日のLRGB合成画像。
右が、今回のHαブレンドのLRGB合成画像です。
昨年のHαは、FSQ106EDのF3.6バージョンで撮影したものなので、今年のL画像をハーフサイズにした後、Alignで位置を合わせて、F5のハーフサイズでトリミングして、L画像を加算平均しました。
また、Hαをブレンドすることで、輝度情報が強くなり、赤が白く飛んでしまう色になるので、色相・彩度調整や特定色域調整などで、赤を調整してあります。
今回の調整方法は、意外と好結果でした。光害地での散光星雲を撮影する際、Hαをうまくブレンドすれば、光害に負けない画像を得られそうです。
ただ、赤い星雲に効果がありますが、青を出すのは難しいですね~。B画像にOⅢをブレンドするなど方法も試してみる価値はありそうです。

こうなると光害地は、LRGBAOの5色カラーによる合成が必要かも???(笑)これは、また大変な時間がかかりますよ~。一晩1対象どころではありませんね~。でも楽しみな方法です。

| | コメント (2)

2011年1月 4日 (火)

仕事始めだ

今日から仕事始めです。
短い正月休みでしたね~。31日から咳が続き、禁酒の三が日。今までにはない正月でした。
まだ、体調は万全ではありませんが、咳も夜は寝られる程度になりました。
こんな体調なのに、今週も、来週も、再来週も、新年会が続きます。それも金曜日。。。しばらくは、電車通勤で千葉に向かいます。早く体調万全にしたいですね~。
さらに、週末にはスクーリング。そして、月末には単位認定試験。。。全然勉強してない~^^;

20110103sun1025

画像は、1/3の太陽です。
太陽も今年は期待しています。

| | コメント (0)

2011年1月 3日 (月)

撮影初め

20110102m42lrgb

2011最初の撮影は、定番のオリオン大星雲にしました。
年末年始期間中、今夜(2日夜)が最も安定して晴れていました。
大晦日と元旦の夜に撮りためたフラットを使いましたが、1カ所新たなゴミが付いてしまいました~残念。一応補正はしたのですが。。。もう一度、フラットを撮り直すしかなさそうです。
今年初の撮影は、光害カットフィルター無しの撮影です。発色は、P2有りの時より自然な感じがしています。また、恒星の黄色も良く出ていますね~。
L画像は、1分と5分の2種類を撮影し、中心部の飽和を抑えてあります。
5分露光でも結構淡い部分まで写っているんですね~。

20110102m42lrgbs

そして、こちらは中心部を切り出したものです。
CS5のシャドー&ハイライトを使って、立体感を出すように処理してみました。
M42とランニングマンの間にある暗黒帯(黒ウサギ)を意識しています。
発色については、まだまだ煮詰める必要がありそうですが、こんな色で良いのかな~と思っています。
この辺りは人工衛星の通り道ですが、SigmaClipでコンポジットすることにより、ほぼ消えていますね~。

FSQ106ED(F5)+ML11002 L=1mX16&5mX28 RGB=5mX4(2X2) 合計3時間36分 MaxIMDL SI6 CS5

===IC2177を追加===

20110103i2177

オリオンを撮影した後、子午線通過前だったカモメ星雲を狙いました。
もう少し西に振った方が良かったかな~。
ブロードバンドだと淡い部分が写りませんね~。Hαと組み合わせて使えば良いのかも知れません。
色的には、青い星雲が出ていませんね。青の枚数を確保する必要がありそうです。
FSQ106ED(F5)+ML11002 L=5mX17 RGB=5mX4(2X2) 合計2時間25分 MaxIMDL SI6 CS5

この後、フラットを撮り直して、IC2177にはそのフラットを適用しています。ゴミ跡はうまく補正出来ました。
オリオン大星雲をもう一度、最初から処理しなければならないのですが、枚数が多く時間がかかりますので、ゆっくり処理しましょう~。

| | コメント (6)

2011年1月 2日 (日)

正月二日目は

20110102sun1038

先ずは、太陽をSXVF-H9で撮影。
薄雲があり解像度があまり上がりません。
でも、太陽は賑やかですね。
黒点が3カ所、プラージュやダークフィラメント、そしてプロミネンス。
なかなか見応えある太陽です。
PST+SXVF-H9(2.2倍エクステンダー) 0.002秒 100枚RegistaxV5 SI6 CS5

20110101m77

そして、大晦日に撮影していたM77付近。
途中雲が通過したので、影響の少ないM77付近をトリミングしてあります。
中央がM77。右上の暗黒帯が見える銀河は、NGC1055。そして、左下にあるのは、NGC1090とNGC1087。
秋の南天にも沢山系外銀河がありますが、皆小さく暗いものが多いですね。
P2無しでの撮影です。
FSQ106ED(F5)+ML11002 L=5mX8 RGB=5mX4(2X2) 

昨夜は、薄雲があり、DarkとFlatのみの撮影となりました。
今夜は、撮影できるかな~期待しています。

年末からノドをやられて、咳が止まらない状況が続いてます。しかし、熱はありませんので、撮影は可能です。声がだんだんかすれていく~。ハスキーボイスになっています。
なので、正月は酒を飲んでいません~(笑)

元旦夜の羽田方面微速度

| | コメント (2)

2011年1月 1日 (土)

Happy New Year ! 2011

fuji明けましておめでとうございます。sign03
今年も「ベランダからの星空」をよろしくお願いします。

20110101sun1

20110101sun2

20110101sun3

初日の出。
ベランダから40Dで撮影。
今年も良い年でありますように! 

そして、初日の出を微速度撮影。G12で5倍速になっています。

PSTでの初太陽。

20110101sun0955

元旦から賑やかな太陽です。
大小様々なプロミネンスが出ています。
また、黒点もあり、今年の太陽活動に期待が持てますね~。
お手軽コンデジ撮影ですが、今日はシーングも良いので、結構詳細な様子まで捉えることが出来ました。

20110101m78

こちらは、昨夜撮影した領域。
途中、雲が出てカラーまで撮影できませんでした。
また、アルニタクからの迷光も写り込み、トリミングしてあります。
FSQ106ED(F5)+ML11002 L=5mX28



20110101yuugure

そして、元旦の夕暮れ。
日中から雲が多くどんよりとした空に夕焼けが!

| | コメント (10)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »