« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

台風12号は・・・

20110831t12_3 台風12号の進路が西にずれていますね~

| | コメント (0)

2011年8月30日 (火)

8月も終わりますね~

日中は、まだまだ暑い感じですが、日陰に入ると涼しく感じられます。
今日の空も高い感じ。。。なんとなく秋めいて来ているのかな~。

しかし、南には台風が・・・

20110830t12

台風12号。
今後5日間の予想進路です。
あら~。関東はストライクですね。勘弁して欲しいな~。
勢力も大型です。
金曜夜は、台風の影響が出そうですね。
そして、土曜夜は、台風一過を期待しております。

夏の思い出は・・・

20110830hasu

古代蓮。。。
大きくて、色が綺麗です。
蕾も拳よりでかい!

お気に入りの一枚です。(画像処理してますけど・・・^^;)

| | コメント (0)

2011年8月27日 (土)

週末+新月期+晴れ・・・来たー! 〔随時更新します〕

雲が多い夕方ですが、その雲も南に流れて晴れのエリアに入りました!
久しぶりの「週末+新月期+晴れ」です!

日中にFSQ106EDにレデューサを付けて、F3.6のHα速写砲に変換。カメラは、ST402ME!
先ずは、フラットと思って撮影していたのですが、夏の対象が狙えるので子午線超えてますが、急遽撮影を開始しました。

=====20:00

20110827testm16

ターゲットは、こちら!イーグル星雲(M16)です。
ハッブルパレットは時間的に無理なので、Hα1本で攻めます。
1枚15分露光で、淡い部分をあぶりだそう作戦!
15分露光だと、ナローでもブルーミングは必死。
この画像は、F3.6で1分露光。簡易ダーク減算のみ。

=====20:27

20110827test1m16

15分露光の結果。
ダーク減算、ブルーミング除去、フラット補正なし。
F3.6は、やっぱり明るいな~。
これだけ写れば満足。
2時間コースで撮影継続です。

=====20:55

20110827em400

ちなみに、今の赤道儀の状況。
M16は、すでに子午線を通過していますので、バランスウエイトが鏡筒よりも高い位置に上がっています。
いつもの事ですが、EM400君は、文句も言わず頑張ってくれています。
頼もしい奴です!
しかし、明るい所で撮影してますね^^; 室内灯の影響がモロです。これも、いつもの事。

=====21:30

20110827test2m16

1時間分が撮影できたので簡単に処理して見ました。
ダーク減算、フラット補正なし。
デジタル現像、マルチバンドシャープ(SI6)
マスク処理、ノイズ除去(PS)

=====22:45

20110827m16120m

M16ミッション完了。
15分×8枚の2時間コース。
淡い部分の表現をテーマに画像処理。
S/Nが良いと色々処理できますね~。これもフラット補正は無しです。
空の状態は、ちょっと眠い感じ。。。でも、これだけ写れば良し!
引き続き、ビラビラをロックオン。こちらは、3時間コースの予定。
こちらも15分露光なんだけど、写りは厳しい。20分必要だったかも。。。

=====23:00
雲が広がり、ビラビラ撮影は中止。
フラット撮影に変更。
回復は期待薄かな~。残念。

=====00:25

20110827n729345m

曇られる前に撮影できた15分3枚を処理。
汚い画像ですが、淡いところが狙いなんで、レベルを切り詰めました。
ビラビラは、北側は比較的写りやすいが、南側に広がるヤツは手強い。
微かに写っている程度。1枚当たりの露出を増やすしかなさそう。
1枚20分?30分? 30分となるとガイドが厳しいな~。
やっぱり超難物って事ですね~。

=====00:40
雲は取れる気配なし。
随時更新も終了!

| | コメント (6)

カメラを持って散策

昼頃起きて、カメラ(PanaFZ20)を持って近所を散策。
古いデジカメだけど、結構良く写るんです。F2.8のレンズの威力かな~。

20110827hana1_2

20110827hana2

20110827hana3

20110827hana4

20110827hana5

20110827haha6

20110827hana7_2

20110827hana8_2


| | コメント (0)

2011年8月23日 (火)

美しい写真には程遠い

この夏は、全くと言っていいほど天体写真が撮影出来ていません。なので、皆さんのHPやBlogを徘徊しています。
特に、かわうそさんのギャラリーを隅から隅まで見ていますが、年々画像処理技術が向上して、作品レベルも素晴らしいものが多いです。また、処理時の画像処理について、説明があるので、とても参考になります。これが、年々進化しているんですよね~。
中でも、星の輝きと、星の表現は、とても素晴らしいと思います(星雲の表現も当然ですが)。
いつも飲み会で聞いてみようと思いながら、酒に酔っ払って(笑)聞けずじまい。今度こそ・・・と思いつつ、酒に飲まれてしまうのを繰り返しています。

20110823m8m20l

さて、2009年4月に撮影したM8&M20の画像を引っ張り出してきました。
FSQ(F5)バージョン、ML11002でLPS-P2を付けてLフィルターで10分×6枚の60分画像です。
パッと見た目には、「それらしく」写っているのですが、あれこれ処理していくうちに、微光星が肥大しています^^;
こういう領域は、星雲に目が行って、星雲ばかり表現しようとしているようで、星にはほとんど気を使ってなかったと思います。
こんな処理をしていると「美しい写真」には程遠い画像になってしましますね~。
実際、光害地で撮影していると、これだけ写ったら満足!って感じになんているのがダメなんだろうと思います。

では、一部分を切りだして、これまで行ってきたLRGB合成を振り返ってみましょう。

20110823l

M20付近をフルサイズから等倍で切り出したL画像。
ダーク&フラット補正。光害カブリ補正を行って、最後にデジタル現像処理を行っています。
このデジタル現像処理が、星雲中心で処理していると、星にはあまり良くない処理になっているように思えます。
星の輝きが失われ、周囲がボケてくるような感じです。言い換えれば、星が富士山見たいな緩やかな裾野を持った感じになっているようです。要は、キチッとした芯が無くなっているように思います。テーブルマウンテン的(極端ですが)な星になれば、星の存在も良くなるような気がします。

20110823rgb

こちらは、RGB合成画像。
RGBそれぞれ5分1枚。2X2ビニングしていましたので、フルサイズにリサイズしてあります。その影響で、ピリッとしていませんね~。最初から、ビニング無しで撮影すべきでした。
RGB画像の問題は、微光星がカラフルすぎる点。本来あり得ない色の微光星が沢山出来てしまいます。緑や紫やピンク・・・などなど。。。
これをどのように修正すべきか?が問題なんです。
カラー画像なので、滑らかにしたい!ということで、Photoshopでノイズの軽減を行いますが、この時「カラーノイズの軽減」の「40%前後」かけています。これで、微光星に出ていた変な色を排除しています。正しい使い方ではないと思いますが。。。

20110823lab

以上のような処理をして、Photoshop上でLRGB合成させます。
先ほどのRGB画像をLabモードに変換して、L画像を上記のL画像に置き換えればLRGB画像の出来上がりです。
微光星の変な色は回避出来ているようですが、やはりL画像でのデジタル現像の影響があり、星がキリッとしていませんね~。また、輝きも無い。
M20自体は、L画像の解像感が多少生きているように思いますが、周辺の星に活力がない画像になってしまいました。魚の鮮度を表す目のようで、星も濁っています。
更に、星の色付き方も偏っているように思います。。。(合成時のズレもありますが)

と、美しい写真には程遠い・・・というのが私の現実です。デジタル現像は、今後注意して処理する必要があると思います。大きな課題ですね~。

| | コメント (4)

2011年8月13日 (土)

本日2度目のISSと微速度&画像補正

今日は、2度ISSが見られる日。

20110813isspm

2度目は、20:15でした。
今回は、自宅のベランダから家族4人で観望。雲があったのは残念ですが、スピードが意外と速いのに驚いていました。
同時に撮影していた画像です。雲間に消えてしまいました。
40D+17mmF4 iso=800 2秒 50枚を比較明合成

20110813issrwb

そして、今朝のISSと流星画像をリメイク。
RAWで撮影していましたので、WBを補正して、ダーク減算して比較明合成して見ました。
当初は、赤くなっていましたので、こちらの方がいい感じですね。
そして、微速度動画も作成しました。720pでご覧ください。



秒間4コマなので、カクカクしていますが、それぞれがどんなタイミングで出現してくれたかが分かります。
それにしても、7分程度の時間に、よくぞここまで登場したものですね~。

| | コメント (0)

ペルセ群流星とISSのランデブー!

20110813issr_3

撮影成功!
ISSが仰角最大になる直前にペルセ群の火球が流れました。出現時間は、03:43頃です。相当明るかった!
そして、まもなくISSがアンドロメダ座を横切り、木星近傍を通過。
さらに、その後画像上部に人工衛星と散在流星らしき(人工衛星かも)軌跡まで!
僅か7分間の出来事でした。ラッキー!!!

20110813issrs

少し説明を加えてみました。
参考にしてください!
EOS40D+17mmF4 iso=800 10s 39枚比較明合成(SiriusComp)
撮影時刻 2011.08.13 03:43~03:50

※カメラの時間設定が、約3分ほど違っていました。流星出現時刻は、03:40頃だと思います。また、この画像の撮影時間は、03:40~03:57に訂正です。

| | コメント (4)

2011年8月12日 (金)

さて、明け方はペルセ&ISS

今日も暑い一日でした。
ベランダから南方面の入道雲を微速度してみました。

40Dで35分間の動きです。夕焼けになってちょっと綺麗。
※720pでご覧ください!

そして、夜には月が昇ってきました。

20110812moon

20110812moonbw

BORG77+7885に2倍テレプラス+40D
iso=400 1/60秒 12枚をRegistax6 PSで仕上げ
黄色い月ですね~。
熱帯夜に黄色い月は、ちょっと暑苦しいかな~。
なので、モノクロにして見ました。多少涼しげ!
モノクロの方が安心して見られます(笑)
これから、少し仮眠して午前2時ごろから、プチ遠征の予定です。

| | コメント (4)

2011年8月11日 (木)

ペルセ群狙いのプチ遠征

昨夜は雲が多く、ベランダからの撮影は、ダークとフラットにして、ダメもとでご近所にプチ遠征してきました。
23時過ぎに現地に到着したんですが、一面うす雲に覆われていました。カメラのセッティングを行い、しばし待機モード。

赤いランプをつけた車が・・・しかし、今回はスルーしてくれました(笑)

日付が変わり徐々に雲も薄くなって、所々星空が見えます。しかし、ここは光害地。3等星ぐらいがやっと。
午前1時を過ぎて、やっと星空が広がってきました。時折、雲の通過はありますが、4等星ぐらいまで見えています。
撮影前に、ペルセ群の明るい流星を2個見ることが出来ました!

では、撮影開始!40D+18mmF4 iso=1600 10秒露光で無振動連写開始!
しかし、ちっとも流星は流れてくれません。
1:36~3:56までの北天の微速度動画ご覧のとおり。


でも、やっと3時26分頃、カシオペア座の南を流れてくれました!
微速度動画では分かりませんので、その部分を静止画で切り出し。

20110811ryusei

20110811ryusei2

左は、出現したフレーム。カシオペア座と流星部分を等倍で切り出してあります。
肉眼では、もっと明るく見えたのですが・・・写りは小さい^^;
右は、出現後約30分を比較明合成して、北極星とカシオペア座を中心にトリミングしてあります。
比較明合成の画像では、画像上部中央に微かに流星が写っています。
北天を中心に肉眼でも観察をしていましたが、この写った1個以外は確認できませんでした。
極大日(8/13)前だから仕方ないのかな~と、ちょっとガッカリモード。
最後に、レンズに蓋をしてダークを撮影。そして、機材を撤収しました。

三脚からカメラを外した時、何気に北北西の低空に目をやると、とても明るい星があります。
こんな方向にこんな明るい星ってあたっけ???とその明かりを見ながら撤収作業を続けていました。
でも、その光は、動きながら明るくなってきます!!!えっ!!!もしかしてISS???

20110811iss

慌ててカメラを三脚に戻し、カメラの設定を確認しようとすると、見る見る北極星付近を通過。そして、ぎょしゃ座カペラ方向へ移動していきます。
設定もそこそこに撮影を強行。レリーズも外していたため、指でシャッターボタンを押しっぱなしの連写モード。
後でカメラの設定を見たら、iso=200 2秒 18mmF4でしたので、完全に露光不足でした。
画像処理で露光量とガンマ調整を行い、東の空に消えていく部分をトリミングして見ました。
なんとか記録できてよかったです。出かける前は、要チェックですよね~。

ちなみに、ISSは、ここ何日は見ごろのようです。東京では、8月13日に明け方と夕方の2回いい位置に見えます。また、明日(12日)の午前3時7分ごろ北の空低く見えるようですが、条件は厳しい感じですね。
JAXAのISSを見よう!のサイトをご覧ください。

| | コメント (2)

2011年8月10日 (水)

らせん・・・ハッブルパレット(その3)

20110810ngc7293sao

昨夜追加撮影したSⅡ分を入れて画像処理。
これで、SⅡ=300分、Hα=180分、OⅢ=100分 となりました。
処理も画像が荒れないように、ほどほどの薄化粧です。
OⅢが少ないけど、中心部の青は、まさにOⅢそのもの!
やっぱりハッブルパレットにするには、SⅡがポイントですね。まだまだ足りない感じです。

今夜は、さらに空の状態がいい感じ。月が大きくなっていますが、今夜も撮影しますよ!
しかし、高層の雲が・・・今夜もいる~。

| | コメント (4)

早撮り!

昨夜は、うす雲がなかなか取れず、撮影開始時刻が遅くなりました。
明け方まで撮影できましたので、お気軽撮影した対象をご紹介!

20110809m77l

M77。
冬の対象が昇るまでの時間稼ぎ(笑)
中心のコアを取り巻くように淡い部分がありますが、そこを表現するのは暗い空が必要です。
ダーク減算のみのお気軽画像処理  L=5mX12

20110809m42sao

そして、冬の定番。
ブルーミングしないようにナローバンドで撮影。
1枚15秒の短時間露光です。
S=15sX18、A=15sX6、O=15sX12 の速攻ハッブルパレット!

20110809i434a

そして、もう一つの定番。
薄明が進み、空が見る見る明るくなる中での撮影。
Hαフィルターで5分2枚です。
さすがに荒いですが^^;

20110809ryusei

同時に放置撮影していた40D。
ペルセ群は、肉眼で2つ明るいのが見えたのですが、写ってませんでした。
画像を1枚1枚調べると、午前2時30分頃の1枚に流星らしきものが写っていました。
流れた方向からすると、ペルセ群では無いようです。

| | コメント (2)

2011年8月 9日 (火)

らせん・・・ハッブルパレット(その2)

昨夜撮影分を処理して見ました。

20110809n7293sao

SⅡ=180分 今回撮影分
Hα=180分、OⅢ=100分 ともに昨年撮影分
SⅡがもう180分欲しいですね。
OⅢも180分追加したいです。
FSQ(F5)+ST402ME SⅡ(13nm)
今夜も準備を整え、現在はフラット撮影中。
23時~2時まで狙えればいいのですが。。。

また、ペルセ狙いのプチ遠征もしたい!
さて、どうしよう。

| | コメント (4)

らせん・・・ハッブルパレット(その1)

今夜は撮影しています。
でも、うす雲が多く眠い空。成果は期待薄。
NGC7293をロックオンして、SⅡだけを撮影しています。

20110808n7293sao1

とりあえず撮影できた90分の画像で、ハッブルパレットをシミュレーション。
SⅡもOⅢもHαに比べたら全く露光不足。
Hαを3時間撮影していますので、SⅡとOⅢは6時間コースですね。
色の感じは、こんなもの???
FSQ(F5)+ST402ME SAO=90:180:100分

=====放置の40D画像=====

2011080840d

22:20~0:50まで放置撮影していた40Dの画像を比較明合成。
流星らしき痕跡は無し・・・残念。
40D+18mmF4 iso=800 10秒 850枚合成

| | コメント (0)

2011年8月 8日 (月)

今日の太陽(8/8)

20110808sun1100_2 久しぶりの天体写真。
黒点群でにぎやかな時期は外してしまいましたが、大きな黒点群も残っており、プロミネンスもチラホラの太陽。
ベランダで撮影していても暑い・・・足とか日焼けしそうです。
PST+LV25+A630 217枚Registax6 SI6でRG合成

| | コメント (2)

2011年8月 7日 (日)

【微速度】積乱雲(8/7)

今日も不安定な天気。
お昼前には、北部の山沿いで積乱雲が発達し、かなとこ雲で空が覆われてきました。
そして、午後3時過ぎ。埼玉北部から徐々に積雲が発達し、その中の一際大きな積雲が、見る見るうちに積乱雲に発達。微速度後半部分の積乱雲です。
夕方、埼玉を中心に雷雨をもたらしたスーパーセルに発達。
その後、かなとこ雲を広げながら大きく成長。セル周辺では、落雷が激しく光っていました。

D30 22mm 2秒インターバル 1900枚 30fps ※720pでご覧ください。

| | コメント (0)

2011年8月 2日 (火)

来週は夏休み!

新月期・・・晴れませんね~。
月が大きくなってきていますが、来週は夏休みの予定です。
条件は、あまり良くありませんが、ナローバンドで秋物を狙って見たいと思います。

20100903n7293lrgb

これは、昨年撮像したNGC7293。
FSQ(F5)とST402MEのAOO合成です。
Hα=180分、OⅢ=100分です。
惑星状星雲ならHα+OⅢで表現できますので、月の影響の少ないうちにOⅢをしっかり撮りたいですね。
今回は、更にSⅡも撮って、ハッブルパレットにも挑戦してみたいです。
NGC7293のハッブルパレットってどんな感じになるんだろう?楽しみです。

20100903n253lrgb

月が無ければ、こういう対象も面白いんですが。。。
ST402MEと組み合わせるなら、FSQのF5バージョンが丁度良い画角になります。
F5の明るさを生かしたナローバンドを楽しみたいですね~。

| | コメント (6)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »