« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

Labモードで彩度upしちゃえ♪

本日2つ目の記事です!最近、頑張ってるな~(笑)

よっちゃんのLabモードの解説ムービーを今朝出勤前に見たので、仕事中頭の中をLabが駆けめぐってました^^;
そこで、以前、輝星の周りの青ハロ除去に、bチャンネルをダスト&スクラッチしていた事があるのを思い出して、逆に、彩度up出来るのでは?と、いつものように思いつきで実践してみたムービーです。
a・bチャンネルのコントラストupすることで、彩度upに繋げよう~的な発想です。

そんなのRGBモードで彩度upすればイイじゃん!とか、邪道・当たり前・そんな・・・色々ご意見もあると思いますが、理論的な検証は、よっちゃんにお任せしましょう~(笑)

| | コメント (2)

LRGB合成:3種類比較画像(補足)

昨日upしました3種類のLRGB合成画像ですが、私の好みでは、一番落ち着いて見えるLabモードが一番という事で紹介しましたが、よっちゃんから「Gの輝度の落ち込みの差である他はトータルの情報量には違いがない」というコメント頂きましたので、それをチェックしてみました。
画像に変化を見るため解像度の悪いムービーは止めました。

20130131m42r

20130131m42b

左からLabモードLRGB合成、RGBモードLRGB合成、SI6.5LRGB合成の順です。

それぞれをの画像のRGBチャンネルを比較しています。

先ずは、RチャンネルBチャンネル
これを見る限り違いは無いように思いますが、良く見るとBチャンネルはLabモードだけ少しコントラストが弱いかな~って感じです。
また、Bチャンネルって画像が荒れてますね~。

20130131m42g

そして、Gチャンネル

オリオン大星雲の中の輝度がLabモードだけ少し落ち込んでますよね。さすが、よっちゃん。
この違いにより、オリオン星雲の赤の彩度に少しだけ影響があるようです。

また、星雲の淡い部分の描写(ディティール)の違いもあるようです。
同じL画像とRGB画像を使っているのですが、この違いは何でしょうね~???さっぱり分かりません^^;

しかし、この3種類のLRGB合成は、ほぼ同様の結果になる感じですね。
ただ、もっと淡い分子雲しか無い画像など、他の対象が今回のような感じになるかは不明です。

今回思ったことは、Gチャンネルは、絵作りの過程で重要だと言うことです。
こんな少しの違いが、彩度の違いを生み、画像を見た印象ガラッと変えてしまう所ですね。
光害地では、とても厳しいGチャンネルですが、カラー画像を作る上で慎重に取り扱う必要がありそうです。
逆に言えば、光害地で透明感あるカラー画像を作り出すのは、とても大変だという事でしょうね。

| | コメント (0)

2013年1月30日 (水)

LRGB合成:3種類比較画像

ビデオで紹介しましたPhotoshopによるLRGB合成ですが、ステライメージのLRGB合成画像も並べて見ました。
左から、LabモードLRGB合成、RGBモードLRGB合成、そしてSI6.5LRGB合成。

私の好みから順位を付けると、①LabモードLRGB合成 ②SI6.5LRGB合成 ③RGBモードLRGB合成 の順かな~。

20130130lrgb

| | コメント (5)

2013年1月29日 (火)

PhotoshopでのLRGB合成の補足

前回のPhotoshopによるLRGB合成ですが、よっちゃんのコメントにもあるように、RGBモードでのLRGB合成も可能です。

この両者の方法を比較した記事が、2009年5月にあります。コメント頂いた方のHPやBlogも参考になりますよ!

今回は、その違いを比較してみました。

| | コメント (6)

2013年1月28日 (月)

PhotoshopでのアライメントとLRGB合成

埼玉から戻ってきて、早々ムービーを録画。
今回は、Photoshopを使ったLRGB合成。
その前提に、L画像とRGB画像の位置あわせもご紹介。

※今回ご紹介したアライメントは、画像サイズが同じで回転していない前提でしたので、Photomergeの「位置あわせ」で説明しています。
回転やサイズが違う場合は、「自動処理」で「幾何学ゆがみ補正」をチェックするとアライメント出来るようです。しかし、画像はゆがみます。
また、開いた画像は、一度保存する必要があります。また、読み込みは、先にL画像を読み込み、次にRGB画像を読み込む必要があります。

今のところ、アライメントは、MaxIMなど海外のソフトで処理するのがベターですね。

ステライメージに、アライメントだけの機能があるとイイですよね~。もう、遅いか・・・orz

| | コメント (2)

2013年1月27日 (日)

埼玉に戻っても画像処理^^;

金曜日から埼玉の自宅に戻ってます。
月曜日に、高知に戻りますが、週末車がないので自宅で画像処理です^^;
よっちゃんの画像処理ムービーを見て、過去の画像をいじってみました。

RGB各画像を0レベルストレッチして、RGB合成。
デジタル現像のsss+ガンマ補正でRGB画像を仕上げて、CSへ持ち込み。
L画像もCSで強調及び最後にハイパスでシャープ化して調整。
RGB画像をLabモードに変換して、L画像を差し替えのLRGB合成で完成。

素材は、2011年12月23日に撮像したオリオン大星雲。
FSQ106ED+ML11002 L=5mX16 RGB=5mX4

左が撮像後仕上げた画像。右が今回再処理した画像。
随分変わったな~って印象です。良い方向に変わったという事です!

星の色乗りが格段に良くなっています!
目指していた星の表現に一歩近づいた感じ!

20130127m42before

20130127m42after

さらに、かわうそさんのM42をお手本に色調補正してみました。
ヒストグラムの左側は、一致させていません。
Rが強い色調になっています。
また、明るさ・コントラスト調整を、レイヤー効果を使って、RGB別々に補正しています。
レイヤー効果は、是非使いたい機能ですね!

星雲をどのように見せるか・・・という方向性(周辺の分子雲を見せたい!)により、今回のように赤に寄った画像もありだと思います。

※赤に寄っているのがありだと思ったが、やっぱりおかしい。背景の赤を抑えてみた。(右画像)

20130127cslrgbafter

20130127cslrgbafter3

| | コメント (0)

2013年1月25日 (金)

色調の調整について

今回は、色調の調整。ホワイトバランスを取る・・・でもいいかな~。
Photoshopの自動カラー調整、トーンカーブのグレー調整、レベル調整などを、ご紹介。
特に、レベル調整の中間スライダーは面白い!色の濃度を操る感じです。
中間スライダーを使うことで、過去の画像も随分違った画像に変わりますね!

| | コメント (2)

2013年1月23日 (水)

光害地で撮像した画像の傾向を見る

光害地で撮像した画像は、光害の影響を沢山受けています。
そのカブリをステライメージやPSで補正して行きますが、その画像の傾向を見るためにPSの彩度UPで確認する方法をご紹介。
既に、皆さんご存じな方法です^^;

| | コメント (2)

2013年1月22日 (火)

星マスクについて+α

画像処理の定番?星マスクを解説しています。
今更なんですが・・・^^;
備忘録的なものと思って下さい。

今回は、レンダリングのビットレートを10Mbにしてみました。
下手な話はいつもどおり。雑音もいつもどおり。画像は、少しは綺麗になったかな~?

| | コメント (4)

2013年1月20日 (日)

ハイパスでピリッとスパイス!

昨夜撮像した馬頭星雲を、ハイパスを使って少しシャープ化してみました。

20130120uma120ms

20130120uma120mm

横800ピクセル画像と1000ピクセル画像です。

コンポジット後、デジタル現像をして、ハイパスでシャープ化しただけの超簡単な画像処理です(笑)

折角なので、画像処理をムービーにしてみました。
相変わらず説明が下手です。雑音も多いです。また、画像が綺麗じゃないので、on/offの違いが分かりづらい画像になっていますね~。
ビットレートを、もっと上げないとダメなのかも知れません。
ご参考になればいいのですが・・・720pでご覧下さい。

| | コメント (2)

2013年1月19日 (土)

ナロー壱式 再配備

遠征を意識して、ベランダでナロー壱式をテスト。
miniBORG45ED+7866+SXVF-H9とminiBORG50+SXV-guiderの組み合わせ。

SXVF-H9は、ストリークが発生する症状が改善されないでの、Lフィルターは封印。
RGBなら5分は大丈夫。ナローは、10分でも大丈夫。

ということで、撮ってみた。RGB画像は、ピンぼけでした^^;
お馬さんは、Hαで10分×12枚。M42は、RGB各5分でRGB合成です。

20130119uma120m

20130119m42rgb

| | コメント (0)

2013年1月14日 (月)

星景写真を再処理

高知の有名構造物と星空の写真をリメイク。
前景を1枚画像と置き換えたり、いろいろ修正。

20130113asoyosai3

20130113asoyosaibw

20130113urado2h2

20130113urado35m

20130113canopus_2


| | コメント (0)

2013年1月13日 (日)

高知のランドマークと星空

新月期にデジカメを持ってプチ遠征。
遠征1日目は、11日金曜日に仕事帰りに行ってきました。

20130111asoyosai3

須崎市吾桑(あそう)にある白石工業の工場です。
急な斜面(昔の揚水発電所跡)に異様な構造物がびっしりと建っています。
宮崎ワールドに出てきそうな雰囲気です。

ここは、炭酸カルシウムを製造する工場。
工場萌えな方には、超お勧めポイントです。

また、ここは、天の川がくっきり見えるほどの空の暗さがありました。
残念ながら、赤道儀を持って行かなかったので、その美しさをお伝え出来ません。

怪しげに蒸気を上げるラピュタを動画にしてみました!

3連休の初日もプチ遠征。
外部電源を用意して、浦戸湾にかかる浦戸大橋を狙いに行きました。
到着後は、眠い空が続き、今日はダメかな~と思っていると、どんどんイイ空になってくれました。

20130112canopus2

20130112urado2hhdr

オリオンが子午線を通過する頃には、天の川も見えて来る程の空!

そして、高知に来て初のカノープスにも出会えました!

高知の空は、飛行機の通り道。凄まじいぐらい写ります。
浦戸大橋の下に写っている飛行機は、高知龍馬空港を発着する飛行機ですね。

比較明合成画像は、今ひとつの出来なので、もう一度処理し直す予定です。
もっと自然な画像に仕上げたいです。

4時間ぐらい粘りましたので、その成果をTimelapseしてみました。
こっちの方が面白い動画になったと思います。

| | コメント (0)

2013年1月 9日 (水)

kikuchimagicの比較明と比較暗を活用!

先ほどの記事で、星景写真の風景部分の簡易マスクを作る事を説明しましたが、その後色々考えていたら、Kikuchimagicに比較明コンポと比較暗コンポがあることを思い出しました。
ん~flair これは使えそう~。
マスクを作るのは大変ですので、比較暗画像からマスクが出来るのではないか!という発想です。
文章で色々書くより、説明画像をご覧下さい!

| | コメント (0)

星景写真の簡易マスクを作っちゃおう!

街中で星景写真を比較明画像で撮像すると、外灯や車のライトなどで、極端に明るい部分が出来てしまいます。
これを、風景部分に適正な露光で撮像した画像(もしくは1shot画像)と置き換えられれば、落ち着いた画像になります。
そのためにマスクの登場なんですが、地上の風景とかは複雑なのでマスクを作るのも大変。
Photoshopでブラシツールを使って、細かな作業をする事でマスクは作成出来ますが、もっとお手軽に作る方法は無いかと思い、ステライメージ6.5で実践してみました。

※画像は、下元氏の画像を使わせて頂きました。

Photoshopを持っていない方でも、比較明画像とマスク画像と1Shot画像があれば、ステライメージでも置き換えが可能です。(説明の中では難しい・・・と言ってますけど^^;)
比較明画像に選択マスクでマスク画像を指定して、合成の比較暗で1Shot画像と合成すれば出来上がります!

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

Photoshopのシャドー・ハイライトについて

今回は、音声レベルを調整してみましたが、如何でしょうか?
なんか、やっぱり低いですね~。すいません。

さて、前回も少しふれた、シャドー・ハイライトコマンドについて説明してます。
このコマンド、天体写真には、とても有用なコマンドだと思いますので、皆さん試してみて下さい!
この処理は、出来れば最後の最後に行った方がイイと思います。
完成画像への最後の隠し味的な使い方ですね!
またまた、お聞き苦しい説明ですが、ご容赦下さいm(_ _)m。

| | コメント (6)

2013年1月 6日 (日)

画像処理の説明:CS4で仕上げる!

さて、仕上げ編です。
文章で説明よりも見た方がいいですね。
使い慣れたPhotoshopCS4で説明しています。
後半に、今填っている1ShotHDRの処理も少し紹介しています。

なんか余りマニアックな事をしてない説明になりましたね~。
最近は、あれこれ弄らなくなったんです。
サクッと仕上げる!この方向です^^;
期待した方、ごめんなさいm(_ _)m

でも、基本処理は手抜き無しです。フラットも64枚撮像して生成しています。
基本処理がしっかり出来ていれば、後の処理は楽に終わるはずですよね。

光害地でのカラー合成だと、変な処理(背景を揃えるため)てんこ盛りなんですけど・・・^^;
それは、また、次の機会にでも説明したいと思います。

| | コメント (3)

画像処理の説明:SI6.5で背景を揃える!+α

デスクトップキャプチャーの続きです。
今回は、飛び飛びになるのを回避。エンコード時にバッファリングモードを使いました。
これなら、マウスの動きもリアルに記録されています。
ただ、画像が荒い時もありますけど・・・^^;レートを2000kbpsにしていますからね。
さらに、記録が終わった後、書き出すのに凄く時間がかかります。1時間以上~(涙)
でも、細かな部分が分かるので仕方なし。

今回は、ステライメージで背景を揃える方法をメインに説明しています。
説明も13分程度で終わらせています!(笑)
また、ホットピクセル除去や選択マスク、マルチバンドシャープなども少し説明を加えました。
この処理が終われば、最後は仕上げ処理!Photoshopで仕上げていきます!

| | コメント (4)

2013年1月 5日 (土)

2013冷却CCD撮り初め!

昨夜は、晴れてくれましたよ!
2013冷却CCD撮り初めです。
最初は、魔が差して「魔女さん」を狙ったのですが、あっさり撃沈。写らない。。。
ターゲットを変えて、メジャーな対象を狙いました(笑)

バラ星雲:BORG77ED+F4DG+ML11002 Hα(7nm) 10分×12枚
かもめ星雲:BORG77ED+F4DG+ML11002 Hα(7nm) 10分×10枚

Hαは、やっぱり良く写るし、画像処理が楽!最高ですね!

20130105bara

20130105ic2177

魔が差した「魔女の横顔周辺」も一応画像処理してみましたのでUPしておきます。

超ウルトラ強調処理してますので、汚い画像ですが、この辺りも淡い分子雲が沢山ありますね。
右下の明るいのはリゲルの影響ですが、バーナードループが西側に広がる様子がよく分かりますね~。
この画像は、30分画像です。

20130105majyo

| | コメント (0)

酔っぱらい画像処理説明!(テストだよん~^^;)

デスクトップキャプチャーもマイクが整い、いざ本番!
今夜、2013初冷却CCDを撮像したので、酔っぱらいモードで初CCD画像処理を録画してみました!
色々突っ込み所満載!
28分もしゃべっているよ~。おいおい酔っぱらいはコレだから困るね~。
画像の解像度を上げたら、カーソルが分からないし、画像遷移も飛び飛び。。。
もう少し追い込まないと。。。
ま~、お正月の隠し芸的に見て下さいませ!(笑)

| | コメント (0)

2013年1月 4日 (金)

キャプチャーに音声入れてみたよ!

音声入力用の卓上マイク(安物)を買ってきました!
色々調整して、やっと音が入りました。
AGDRecでは、コーデックをWMVにしています。
ビデオ品質は、最高の100。オーディオは、VBR Quality90,44KHz。
ビデオ品質は、ビットレートを8000ぐらいにした方がイイですね。でも容量も増える。
音声は、モノラルで20Kbps,22KHzでも十分かも。。。
ちなみに、この動画は、1分20秒の動画で、約9.2MBの容量になります。

しかし、自分の声は・・・変だ~。
それに、画面を操作しながらしゃべるの難しい・・・orz

| | コメント (0)

2013年1月 3日 (木)

デスクトップキャプチャーのテスト

よっちゃんの画像処理ムービーに刺激され・・・(笑)
私も、真似してみた。(笑)音声なしです^^;人に聞かせる声じゃないからね~。
フリーのAGDRecをダウンロード。
画質は、今ひとつだね。720pでご覧下さい。
ちなみに処理は、1ShotHDR処理です。PhotoshopCS4を使っています。

| | コメント (2)

2013年1月 2日 (水)

新年画像処理

新年から箱根駅伝を見ながら、画像処理。
毎年やっているな~(笑)

今年は、よっちゃんの画像処理ムービーを見ているので、以前とは違うはず^^;

...で結果は・・・。アニメーションGIFにして見た。

20130102orion_3

10月末の画像を元に、大晦日と元日に処理。

やっぱり、以前と変わらないな~(汗)

| | コメント (4)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年 2013年元旦

20130101nenga1










20130101nenga2


| | コメント (12)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »