« LRGB合成:3種類比較画像(補足) | トップページ | やっぱ調子悪いH9 »

2013年1月31日 (木)

Labモードで彩度upしちゃえ♪

本日2つ目の記事です!最近、頑張ってるな~(笑)

よっちゃんのLabモードの解説ムービーを今朝出勤前に見たので、仕事中頭の中をLabが駆けめぐってました^^;
そこで、以前、輝星の周りの青ハロ除去に、bチャンネルをダスト&スクラッチしていた事があるのを思い出して、逆に、彩度up出来るのでは?と、いつものように思いつきで実践してみたムービーです。
a・bチャンネルのコントラストupすることで、彩度upに繋げよう~的な発想です。

そんなのRGBモードで彩度upすればイイじゃん!とか、邪道・当たり前・そんな・・・色々ご意見もあると思いますが、理論的な検証は、よっちゃんにお任せしましょう~(笑)

|

« LRGB合成:3種類比較画像(補足) | トップページ | やっぱ調子悪いH9 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

パチパチパチ…!
いやー、十分アリだと思いますよ。この処理。
事実、星の色を抑制する際などに、D&Sではなくこのコントラストスライダーを下げることで緩和するのは僕も使いますし、こする系よりはよっぽど正統派な強調・緩和処理だと思います。
このムービーで言うところの、aレイヤーとbレイヤーのブレンド比やレイヤー効果で限定させながら強調エリアを絞るのも手でしょうね。
色々と可能性が広がりますね、Labは。

投稿: よっちゃん | 2013年1月31日 (木) 22時32分

よっちゃん こんばんは

ありがとうございます!
アリなんですね!良かった~(笑)

レイヤー効果が、うまく使えないんですよ・・・やり方が悪いのかな~。
レイヤー効果が使えるとさじ加減の自由度が上がりますね!

投稿: ベランダGPD | 2013年2月 2日 (土) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LRGB合成:3種類比較画像(補足) | トップページ | やっぱ調子悪いH9 »